自己分析のやり方おすすめ14選―独立した立場だから言える本当のこと

以前、仕事や人間関係でうまくいくには「自己肯定感」は必須であるという話をしました。そのなかで触れた自分を知る方法、つまり自己分析のやり方を、今回あたらためてピックアップしようと思います。

人の特徴=個性は、一人ひとり違います。自分を分析にかけて個性を洗い出せば、人生の様々な場面をよりかんたんに進み、幸せを増やす手がかりになります。

このページでは、自己分析のやり方を、私自身の実体験や感想、リンク、そして性格や適職診断の信頼性や業者の抱える「大人の事情」まで含めて、しがらみのない独立したライターの立場から紹介していこうと思います。性格のことにちょっと興味がある人から、心理的に深刻な問題を抱えている方まで、ぜひ参考してください。

はじめに―「本当の」自己分析とは?

「自己分析のやり方」を探そうとすると、現状では、その主な情報源はリクナビのような”就活”情報サイトや書籍、セミナーとなっているようです。あなたがGoogle等で検索した時、結果に出てくるのはほとんど”就活”関連のサイトだったのではないでしょうか? 世間ではもっぱら「学生がやるもの」と認知されているようですね。確かに、誰しも個性にぴったり合った職業を探し当てればラクに長続きする上、格段成功しやすくなるというのは事実です。

しかし本当のことを言うならば、自己分析は”就活”の部品ではありません。実際には学生以外でも、

  • 起業家や経営者が、考え方や人との接し方のどこをどう変えればいいかを明らかにするため
  • ビジネスで、社内チームの人間関係改善するため
  • 医療の場で、心的外傷や困難な過去を背負った方の心理療法の一環として
  • 恋愛や友達、家族など、人間関係をよくするヒントを探したいから
  • 性格のパターンに興味があったから
  • 気軽な遊び

など、じつに幅広い目的で利用されています。

”就活”業者が教えるやり方の問題点

にもかかわらず、自己分析のやり方に関する情報源が”就活”業者にかたよっているのは問題です。彼らの都合が反映されるので、必然的に、情報にゆがみが生じてしまうのです。また、こうした業者が用意した性格や適職の診断テストでは、結果が意図的に誘導されることもめずらしくありません。

問題点は他にもあります。”就活”業者のサイトや書籍に載っている自己分析のやり方では、内面のデリケートな領域に踏み込むことや、個人のプライバシーに関わることがことごとく避けられているという点です。これは業者の都合による意図的な誘導です。彼らの目的は、”就活”イベントをまるくおさめること、そして究極には、金銭的利益です。そういった目的を叶えるためには、学生の個人的な人間関係の悩みや、「10年前から父親がアルコール依存症で、今借金が〇〇万円ある」といったデリケートな問題には触れられないのです(第一、”就活”業者は精神医療等では完全に素人なので、そもそも対処する能力を持っていない)。しかし、それでは骨抜きで、もはや自己分析とはいえません。”就活”業者が作成した当たり障りのないやり方では、本当の効果も期待できないのです。

私が「非公開」をおすすめする理由

本来、自己分析は、自由に、自発的に、一人で行うことです。

目的は上記のように人それぞれで、ものすごく真剣な人からレクリエーション目的の人までいますが、みな何かを求めているからやるのです。”就活”業者に言われてやるようなものではないですし、内面的な問題やプライバシーが表面化しても困らない安全な環境に身を置かなければフルに行うことはできません。

特に、もしあなたが心理面で複雑な事情をかかえている場合は、専門家のサポートおよび傷つかないための環境整備が必要不可欠です。

だから私は冒頭一番で、あなたが自己分析をするときは、その過程や結果は「非公開」前提にすることを強くおすすめしたいと思います。

あなたは誰と書かれたスケッチブックとペンと観葉植物
自分を掘り下げるのは、安全な環境で、静かにやること。

まずは、心をよーく耕すこと。そうやって発見した頭の中身のうち、何は他人に教えてもいいか、もし公開するなら誰までオーケーか、そして何は心の中にしまっておくのか――それは安全性やプライバシーなどを考慮して、後から決めればいいのです。

自己分析のやり方を「独立した立場から」解説

それではいよいよ、自己分析の具体的なやり方を「独立した立場から」解説していこうと思います。

「独立した立場」とは、”就活”関連産業としがらみがない、ということ。業者の都合による情報のゆがみを正すため、書き手としての独立性にこだわりました。

性格診断・職業適性診断

以前書いた「自己肯定感を高める10話」の第9話「自分を知る『鏡』をコレクション」では、自分を知る方法をざっと11個リストしました。性格診断と適職診断は、その11個のうちの2つです。

リンク:自己肯定感を高める方法を探しているあなたへの10話

そう聞いて「なら診断テストも使っていいんだ」と疑いが晴れたように感じた読者もいれば、「じゃあ他のやり方が9個もあるの?」と驚いた人もいるかもしれません。

診断結果との付き合い方―絶対の心理テストはない

性格や適職の診断テストがあなたの自己分析にとっていいものになるか、それとも害になってしまうかは、結果との付き合い方にかかっています。

というのも、心理学において、100%完ぺきなアセスメント(検査)は存在しません。たとえ心理学研究に基づいて一定の信ぴょう性が認められている検査であっても、です。なぜなら、検査結果は、限られた場所と時間に表れた、あなたの一部でしかないからです。シートに載っている「あなたの性格」とは違う面をたくさん持っていておかしくないのです。

言うまでもないのは、血液型占いや、「このドアを開けたら何があると思いますか? A:暖炉、B:キッチン……」というような「占い型」の心理テストです。楽しむ分には全然かまわないのですが、これらは娯楽向けに心理学のごく一部を切り取っただけだったり、時には誰かの空想や思い付きにすぎなかったりするので、信頼性と妥当性はありません。

なので、もし何らかの診断結果を手にして「そうか、私は○○タイプだからこうなんだ」と決めつけるとか、「あなたに向いている職業ベストスリー」を進路希望にしたりするなら、それは本末転倒です。診断はあくまで「道具」であって、それに振り回されたり、従ったりするのなら上下関係が逆転してしまうからです。

しかし、本末転倒に陥らない限りであれば、こうした心理診断には利用価値があります。以下で私の実体験や感想からお話ししますが、良質なテストになれば、それまで見えていなかった一面に気付くよいきっかけになるからです。

診断テストを選ぶ際のチェックポイント5点

では、世に氾濫する診断テストでは一体どれが役に立つのでしょうか? 実際にテストへ進む前に、注意すべきポイントを、全部で5点挙げてみます。

  1. その診断テストの信頼性と妥当性はどうか:心理学研究や過去のデータなど根拠が明確な検査と、誰かがなんとなく思いついてネットにあげた「心理テスト」では、信頼性と妥当性に雲泥の差があります。
  2. 診断テストごとの特色や、想定された利用目的を考慮する:興味関心を洗い出すものはやりたいことを探している人に向いており、能力面の適性を調べるテストは得意不得意を知りたい人、性格分類論なら人生の方向性や人間関係を考えている人がやれば満足度が高くなるでしょう。
  3. 個人情報には細心の注意を(とくにネット上!):おもしろそうな性格診断をうたってあなたの内心や生活データを収集、利用する悪質な業者や心理学研究者がいます。特にネット上では、ワンクリックでポチッと送信してしまう前に、相手は何者で、プライバシーをどう扱っているか必ずチェックを!
  4. 診断テストの提供者は誰か。その背景事情を考慮に入れる:たとえば求人サイトに付属している診断テストだったら、サイト運営業者には「ユーザーといずれかの企業をマッチングさせたい」というビジネス上の都合があります。その都合を叶えるために、あなたの心を誘導しようとする可能性があります。
  5. 1種類だけでなく、複数のテストをやる:1つの検査を妄信しないためには、複数のテスト結果を比べること、また、心理学的検査以外の自己分析(後述)とも照合して、総合的に判断することが大事です。

肩ひじ張らず、目くじら立てず、のみこまれず。性格診断・適職診断の類は、オープンな心で気軽にやってみるのがいいでしょう。

私がおすすめできる4つの診断テスト―結果の活用法&リンク

私がやったことのある性格や適職の診断テストで、おすすめしていいかなと思うのは以下の4つです。リンクも付けておきますので、よかったらそのまま挑戦してみてはいかがでしょうか。

<エゴグラム>

一つ目は、「エゴグラム」。これは精神医学・心理学における代表的な性格診断です。医療をはじめ、学校やビジネスなどの場面でも広く用いられています。

私は高校のころ、心理学に興味のある友達から「ちょっとやってみてよ」とプリントをもらってやりました。この時は「自分に厳しい性格だ」というような、ちょっと意外な結果が出たのをよく覚えています。

主観や先入観がはさまらないゆえ、自分の知られざる一面を発見できるのは、精神医学・心理学由来の診断ならではのメリットだと思います。100%絶対の心理学的アセスメントは存在しないといえ、エゴグラムは信頼の面で安心できるものの一つといえるでしょう。

外部リンク:エゴグラム無料診断

<エニアグラム>

二つ目は「エニアグラム」。ビジネス心理において人気が高く、グローバル企業の社内でも活用されているといいます。また日本の”就活”サイトでもよく挙がっているので、みなさん耳に挟んだことがあるかもしれません。

外部リンク:簡易タイプ診断

文脈としては性格分類論の一種と位置付けられ、起源は古代ギリシア哲学等、近年ブームのエニアグラムがつくられたのは1970年代以降のアメリカです。

私は最近、SNS上の知り合いから聞いたのをきっかけにやってみました。ちなみに私はタイプ3か5。だいたいそんな感じの人がコレを書いています。

ただ、エニアグラムに関しては留意すべき点を指摘したいと思います。質問紙形式がとられ、心理学的・精神医学的なことがいろいろ書かれているとはいえ、この性格分類論は基本的には「占い型」だということです。また作成した人たちの傾向により神秘主義的な内容が多く含まれるので、好みは分かれるかもしれません。

とはいえ、エニアグラムをやってみた多くの人が「当たってる!」と感じているのは事実のようです。私も「なるほどなぁ」と思うところがたくさんありましたし、自分と違う性格タイプの解説は、人間の思考や感情のパターンを把握するための読み物として面白かったですね。性格分類の試みは人類古来より存在しており、古代の人々がその時代なりの方法で人間をよく観察しているのは文化や芸術が示す通りです。私が紹介する4つのテストのなかでは最も留意が必要ですが、全面的に否定するのではなく、オープンかつ気軽な心でやってみる価値はあるのではないでしょうか。

<16 Personalities>

三つ目は「16 Personalities」です。SNSのビジネス・起業家界隈で「すごく当たる」と評判になった性格診断で、「指揮官」「仲介者」「冒険家」「エンターテイナー」といった16のキャラに分類してくれます。

外部リンク:16 Personalities(診断の選択肢と総合結果は日本語あり。長所と短所、キャリアなど詳細な解説は英語です。学生さん、「英語なら読める!」と自信をもって!

ベースはユング心理学およびMBTI(今日最もよく使われている検査の一つ)で、提供者はイギリス拠点の心理学者兼ビジネスコンサルタントです。すでにあった心理学的アセスメントを楽しくするため16タイプのキャラに仕立てた、といった趣旨のテストといえるでしょう。なので、信頼の面では手堅さがあります。

私が「16 Personalities」をやったきっかけは、こちらもSNS上の知り合いでした。ちなみに私は何度やっても「建築家」タイプ。めずらしいそうですね! ……しかしまぁこの「建築家」プロフィール、私の表現活動や思考法そのまんまなので思わず吹き出してしまいました。このテストがどれくらい「当たる」かを確かめてみたい人は、試しに「建築家」プロフィール私の活動紹介を照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

「16 Personalities」のおもしろさは、診断結果それ自体だけではありません。海外の若い人がどのように仕事や人生を考えているかを行間から読みとれるので、日本人にはとくにおすすめしたいと思います。

大手”就活”業者による関心・適性の診断テスト

最後は、リンクはないのですが、某大手”就活”業者が作成した高校生向けの適性診断です。「進路を決めるのに役立てて」と、高校の進路指導部がホームルームで用意したものでした。

内容的には、興味のある学問分野と向いている職業を洗い出すような系統です。

残念ながら結果シートは捨ててしまったようなのですが(もったいなかった!)、私の向いている職業1位が「小学校の先生」だったというのは覚えています。ただ私の興味関心は別のところで固まっていたので、実際に小学校の先生になろうとしたことはありません。その時のクラスには、物腰からしてイラストに描かれた秘書みたいな子がいたんですけど、彼女の向いている職業1位がズバリ秘書だったというので、周りの子たちが「合ってる、合ってる!」と笑っていたのが印象的ですね。

前述の通り、テストの制作者が”就活”業者であれば、裏には「大人の事情」があります。内容的にも当たり障りなく最大公約数的ではあります。とはいえ一応は過去のデータに基づいて作成されているので、ある程度「当たる」ことには当たります。こうしたおおざっぱに自分の傾向を知ることができるテストは、チャンスがあったら一度くらいはやってみて損はないのではないでしょうか。

こんな適職診断はアテにならない!

では、最後に笑えるオマケのエピソードを。これは昔、某大手アルバイト情報サイトに設置されていた、簡易的な性格診断でのお話です。

私がやってみたところ、「あなたは独立独歩型の性格です」という文がちょちょっと表示され、その下に「このタイプのあなたに向いている仕事」がザーッと出てきたのですが――

全部タクシー運転手ってなんでやねん! タクシー、タクシー、タクシー、タクシー、世界はこんなに広いのに私に向いてる仕事がタクシー運転手以外一つもないってどういうこと!?

えー、読者のみなさん、これが業者の「大人の事情」です。なかには誘導がもっと巧妙に行われる場合もあります。

だから診断結果には一喜一憂しないで。

あなたの人生を決めるのは、診断結果でも業者でもなく、あなた自身なのです。

自己分析は簡単にできる!―本もサイトもセミナーもいらないやり方10選

一般的には有料ですし、医療用だったりするのでなかなか手を出しにくいと思います。

しかし、本来、自己分析は身一つでできます。本もサイトもセミナーもいりません。上記のような心理学的検査は絶対ではありませんし、「大人の事情」だらけの業者はかえって混乱を招くくらいです。

以下では、自己肯定感について書いた時にリストした「自分を知る方法」をブラッシュアップして10個紹介します。

  1. 友達、先生、家族や知人が自分の性格について何と言ったかを書き出してみる(それぞれ信ぴょう性の度合いも考慮する。参考になる言もあれば、先入観や、相手の都合にすぎない場合もある)
  2. まったく知らない人たちのなかに入ってみる(人の性格は、状況によってある程度変化する。なので周りの環境を変えれば、自分の新たな面に気付いたり、普段の言動を客観化することができる)
  3. 異なる文化を学んだり、異文化交流をしてみる(文化や歴史から受けた影響を発見できる可能性がある)
  4. 生まれ育った家庭の傾向(家族メンバーそれぞれが生まれた年、育った時代背景、受けた教育、職業など)を分析して、それが自分にどう影響したかを考える
  5. 勉強して世界を広げる(当たり前だと思っていたことがそうではないと明らかになったり、考え方の偏りに気付いたりできる)
  6. 今までにやったことのない新しいことに挑戦する(向くこと向かないこと、好きなこと嫌いなことの方向性が見えやすい)
  7. 物語、音楽、絵画、芝居などアートに触れる。作者が何をどう見たのかを理解する(他者の考えに触れられるし、自分のキャパシティを広げられる)
  8. 絵や詩など、何でもいいので作品をつくってみる(作品には必ず自分らしさが表れる)
  9. 好きな音楽、マンガ、映画、小説などについて、それのどういうところが好きで、世の中的にはどういう人がそれを好んでいるのかを考えてみる
  10. 「自己分析のやり方」を読んだら、自分なりの感想を持つ

いかがでしょう。「自分を発見しよう」という意識をもって少し注意していれば、世界のじつにさまざまな事象があなたを映す「鏡」になってくれます。自己分析というのは、様々な「鏡」をのぞくことで、ひたすら自分を客観化していく作業なのです。

上で挙げた10通りは例であって、なにもすべてではありません。思うままにいろいろアレンジしてみるといいでしょう。

こうして得られた様々な情報を組み合わせ、考えて、自分の個性を掘り下げていく――それが本当の自己分析です。

個性に優劣はない―欠点を知るのが怖い人へ

私は以前、心理学に詳しい知人から、世の中には自分を知ることをすごく怖がる人もいると聞いたことがあります。欠点を知るのが怖い、悪いところを直視したらもう自分に自信を持てなくなってしまう……というのです。

しかし、その心配はまったくありません。

なぜなら、個性や性格というのは優劣や良い悪いのない「特徴」だからです。それ自体は中立で、あとは表れ方次第。誰にとっても、長所と欠点は表裏一体なのです。

なので、もしあなたが自分の性格を嫌っているとしても、それを良いほうに生かす方法は必ずあります。まだ気付いていないだけで、得をしている場面もきっとたくさんあるはずなんですよ。

たとえば、もしあなたが「内気で他人にものをハッキリ言えない」と悩んでいたとしたら、その背景には「友達からの誘いを断れず、全然興味のないイベントに行くことになってしまった」とか「我慢しすぎたら後になって『何で先に言ってくれなかったの?』と同僚をかえって怒らせてしまった」といった出来事があったかもしれません。しかしその裏には、周りの人間関係を荒立てないですんだ場面などもあったはずなんですよ。さらに、そんなあなたの抑制的な性格は、「ものをハッキリ言いすぎてしょっちゅう相手を傷つけてしまう」と悩んでいる人から見れば、むしろうらやましいかもしれません。

もし「うんとかたよってしまった性格を調整する」というなら、それは人間関係の改善などに役立つことがあります。たとえば、内気なせいでトラブルになった人なら「事前に伝えるべきことはないかを考えて、それだけはハッキリ言うようにしよう」、また反対にズバズバ言いすぎて相手を傷つけてしまう人なら「口に出す前に立ち止まって、言い方がきつすぎないかを考えるようにしよう」といった感じに調整すれば、対人関係はぐっとスムーズになりそうですよね。しかし、それはあくまで「バランス調整」です。もし性格=特徴を消すなんていうことが可能なら、あなたは長所も失ってしまうでしょう。

人の個性に関することに、「欠けている部分を埋める」「直す」という発想はありません。本当に考えるべきことは、「自分が持っている特徴を、いかに良いほうに出していくか」なのです。

自分に良い悪いをつける考え方を捨てて、ありのままの「特徴」を見る。次に、「では、それをどう使っていこう?」と考える。他人との優劣という概念のない自己分析は、こうして自己肯定感を高め、他の誰でもない自分にとっての幸せを育てるスタートラインになるのです。

仕事でうまくいくため、幸せに働くためには

もしあなたが就職やキャリアのため自己分析をしているなら、「発見した個性を仕事につなげるにはどうすればいいだろう」「この個性が使えるのはどの仕事なんだろう」という順序で考えるのがコツです。

私は、「有能な人」とはとどのつまり、自分に合った職業を見つけた人のことだと思っています。なぜなら、人は、得意なことならそんなに無理をしなくても力を発揮できます。また働いていて楽しいし、やる気が出るので苦もなくすすんでスキルアップしていける。逆に、好きでないし向いていない仕事に就いてしまったら、苦戦を強いられる上、就業時間は苦痛ばかり、結局は退職せざるを得ない方向に……。人生に生じるこの落差は激しいので、職業選択は重要です。

様々な職業の人が手をつないでいるイラスト
どんな職種にも就ける人はいない。自分に合った仕事を射止めてこそ輝けるし、成功にもつながっていく。

さらに、職場での人間関係もそうです。働く場所は、カラーが肌になじみ、上司や同僚と気が合えば長続きしやすくなります。これらの結果として、さらに成功を重ねていける。どんどん好循環に入っていけるのです。

私たちの生きる現代社会には、職業の種類は数えきれないほどたくさんあり、働く場所も把握しきれないほど存在しています。仕事でうまくいくためには、その中からなんとか自分に合った仕事を探し当てたい。そのためには、個性や適性を知ること、つまり自己分析が必要になってくるのです。

結びに―自分の幸せを育てる第一歩

性格や個性を知ることは、古来よりいつでも多くの人の関心の的となってきました。それは人間に対するシンプルな好奇心であったり、あるいは生き方探しのステップ、時には目の前の問題を解決する道具になったりするから。自分と向き合うのは基本的に楽しいことであり、生きていくために必要なことでもあるのです。

個性は一人ひとり違います。そしてすべての個性は仕事に活かしたり、人の役に立てることができます。幸せの形も、個性によって様々です。あなたも自分の個性を知って、人生を幸せにしてくださいね。

関連記事

著者プロフィールTwitterではブログ更新のお知らせ等していますので、フォローよろしくお願いします。

自己肯定感を高める方法を探すあなたへの10話 – 「自己肯定感」についてはこちらです。

”就活”はつらいよう構造的にできている―原因3つ解説と、心を軽くするとらえ方 – ”就活”業者の都合や発信する情報のゆがみを厳しく指摘しました。

マインドフルネス瞑想のやり方と効果と徒然 – 話題のマインドフルネスについて、やり方の解説とともに、ビジネス向け自己啓発との付き合い方を、こちらも独立した立場からお話ししました。

有名子役のその後や未成年ユーチューバーから考える「子どもにやらせる」産業の倫理 – 後半部はすべて中学受験・小学校受験産業のモラルについてです。いま社会で問題となっている、低年齢から偏差値で振り分けられる”お受験”の世界を生きてきた人が就職で「やりたいこと」を問われてつまづき、内定を得られなかった、というケースを論じました。

『最高の人生の見つけ方』あらすじ解説と感想―生き方を論ずること – 人気映画のレビューです。人生が終わるまでにやってみたいことを考え書いていく「棺おけリスト」は自分を知るためにぴったりでしょう。

オウム真理教元幹部・死刑囚の言葉から得られる教訓 – どう生きようか、どうすれば人の役に立てるだろうか。それは「24時間働けますか」の80年代にも多くの若者の関心事でした。そんなやる気や希望や悩みを食い物にする悪質な団体、その最たる例がカルト宗教・オウム真理教だったといえるでしょう。重い事例です。併せてご覧ください。

トップに戻る