映画『きっと、うまくいく』あらすじや感想など―成功はあとでついてくる

インド映画『きっと、うまくいく』(原題:3 Idiots ラージクマール・ヒラニ監督、2009年)は、名門工科大のはみだし学生3人組が巻き起こすドタバタ騒動と、彼らの10年後を描いたコメディ映画。ボリウッド映画の特徴である歌とダンスが要所ではさまり、とてもハッピーなエンターテインメントに仕上がっている一方、競争の激化や自殺といった社会問題や教育の在り方まで取り扱った作品です。非常に思うところがあったので、今回はそれについて綴ります。(以下、結末までのネタバレを含みます。)

『きっと、うまくいく』あらすじ

主人公・ランチョーは、気ままな自由人で根っからの発明家、そして名門ICEの主席だ。寮の仲間である動物好きのファルハーンや苦学生のラージューとともに、騒動を起こしては爆笑の嵐を起こす。

学内でめずらしくランチョーと似た傾向の学生・ジョイは、発明が非実用的とされた上、期日に間に合わなかったため落第。寮の壁に「僕は降りる(I QUIT)」と書き残して自殺してしまう。ランチョーは、ジョイをはじめ多くの若者が自殺に追い込まれているとして社会を批判。そのため、競争主義と効率化を徹底支持する学長からは目の敵にされる。

教育大臣が来校した折、ランチョーらは競争と暗記に傾倒する学生・チャトゥルにスピーチで大恥をかかせる。成績が二位なので日ごろから悔しがっていたチャトゥルは、いつか自分のやり方で成功する、ランチョーの考えは現実では通用しないと主張。10年後にどちらがより成功しているかで勝負を持ちかける。対するランチョーの応えは、「優秀なら、成功はついてくる」というものだった。

卒業がせまった豪雨の夜、学長の娘でランチョーの片思い相手であるピアの姉が産気づく。医療機器が必要な状況だった。しかし荒天のため車は使えず、医学生であるピアが待つ病院へ運ぶことができない。ランチョーは学校の卓球台でお産することを提案、掃除機を改造した即席の発明で赤ん坊を助けた。ピンチを救われた学長は、かつてランチョーがからかった「宇宙でも使えるペン」の実用性を示したうえで記念に贈る。こうしてランチョーと学長は互いを認め合い、和解したのであった。

そんなランチョーだが、卒業式を最後に親友たちの前から姿を消し、行方不明となってしまう。彼には秘密があったのだ。

10年後、ファルハーンとラージューはとうとうランチョーの居所を突き止めるが、そこにいたのは見知らぬ別人だった。

大金持ちだといわれていたランチョーだが、実際には大金持ち宅の庭師(使用人)の子で、親を亡くしたあとその家族に引き取られた身だった。彼は子どものころ、こっそり学校に潜り込んでは気の向くままに勉強していた。ある時、邸宅の子息は召使いの彼が並々ならぬ学力を持っていることを知り、宿題を押し付けて遊びまわるようになる。やがて学校で事実が露見した時、学がないことだけがコンプレックスだった邸宅の父親は彼に息子の替え玉として名門ICEへ入学し、卒業証書を置いて姿を消すよう命じていたのだ。

チャトゥルは大会社の副社長となり、豪邸やスーパーカーを手に入れ、何百万ドルにもなる契約を間近に控えていた。ところが、それどころでない大きな成功を収めているのはランチョーだった。チャトゥルの商談相手で400もの特許を持つ天才科学者とは、本名で活躍しつつ辺境で小学校をやっているランチョーだったのだ。

レビューや感想

レンタルビデオ屋でパッケージの説明を読み、感触が良かったのでひょっこり借りたら大当たり。困難な課題をもプラスのエネルギーに変えてしまう活力ある作品は、私の好みにぴったりでした。そんな本作はフィルムフェア賞(Filmfare Awards)や国際インドアカデミー賞(IIFA Awards)各部門の受賞作であり、インド映画史上空前のヒット作でもあります。

全体としては徹底したエンターテインメント作品なのですが、極度の学歴競争、暗記や効率への偏重、若者の高い自殺率など、発展を続けるインドの陰の部分に直接切り込んでいるところがミソ。ストーリーの進行では、寒暖の差が驚くほど激しいです。3時間近い作品ですが、最後まで興味を持って見られました。

歌やダンスのパワー

作品を彩るのは、要所要所ではさまる歌やダンスです。ミュージカルとはまた違って、ボリウッド映画というひとつのジャンルを形作っています。

大人数のダンスは見た目も華やかで作品に躍動感を与えていますが、それだけではなく学生の日常まで描いているところがぬかりなくていいですね。とくにシャワールームでお湯が出なくて困っているところなんかは笑ってしまいました。

そんななか「Give Me Some Sunshine」の一曲だけはやや異色です。夜ひとり、軽快なアコースティックギター弾き語りで「太陽を、雨を、もう一度チャンスをください」と歌ったジョイ・ロボは、翌朝には……。見上げた空に太陽を、広げた腕に雨を感じられるかのような音楽シーン二連続なんですが、彼は夜が明ける前にこの世から旅立ってしまう。その爽やかさと純粋さはかえって無力感からの開き直りのようで、絶望を静かに、冷たく引き立てています。もともと音楽には、ブルースをはじめ度の過ぎた抑圧や悲しみを由来とするジャンルがありますが、これは真剣な言葉を素直に歌った一つの楽曲なので、そういうまっすぐな力強さがありますね。私は自分がアコギ弾き語りをやっているので、アクセントのきいた伴奏とキャストらのノリのいい歌唱に聴き入ってしまいました。非常に優れた楽曲です。自分でもちょっと弾いてみたくなってしまいます。

経済成長の光と影

競争主義、暗記と事務処理偏重の教育。そこから人の心に生じるひずみ、鬱、そして自殺。『きっと、うまくいく』は経済成長著しい国の光につきまとう色濃い影を、痛切に、またあわれみをもって描いていますが、これが日本社会が抱える問題と多分に重なるのは言うまでもありません。

ただ日本の場合、高度経済成長はすでに過去なんですよね。なのにこうした問題がまだずるずると残っているのは、高度経済成長という一時代が終わったにもかかわらずそれにとって代わる新しいものがあまり出てこない風潮によるでしょう。

学校教育が暗記偏重で競争主義的だというのは、決して他人事ではありません。チャトゥルは日本にもいる。日本の教育に対する国際社会からの批判は、高度経済成長がとうに過去となった今日も続いています。それが現状なのです。とりわけ低年齢からの受験競争は特殊で、国内からも問題視する声が絶えたことはありません。

一例ですが、私は中学受験でしか生徒をとらない有名校出身者について「彼らは大学入学の時点ですでにダメになっている」とため息をつく人、あるいはあからさまにアレルギー反応を起こして批判を吐き捨てる人を、間接にも直接にも見てきました。私自身も、大人になってからそういう私立校出身者に出会った時、まるで人間そのものが事務員のようだと背筋を凍らせたことがあります(全員が全員ではないんですけどね、性格や人格は個人専属なので校名だけでは判断できません)。彼らは社会生活で役立つどころか目にすることもないような知能クイズに長けていて、主体性がまるで見受けられず、心の芯までというか、人格そのものが事務員なんですよ。「人生とは与えられたクイズで得点を競うことの連続だ」という世界観にすべての発想を支配されている。気味悪く思ったことは一度や二度ではありません。いまではそういう学校出身者は経歴を聞かずとも見分けがついたりするほどになりました。子どものうちなら、まだしかたない部分があります。どんな親の元に生まれるかは選べないし、小さな子はあらゆる力が未熟なため、親に反する行動をほとんどとれないからです。さらに言うなら、受験競争に反発しない子ですら小さいうちは見限るべきではありません。それは小さい子の世界の狭さゆえ、考えを周囲から束縛されやすいことに起因しているからです。置かれた場所にとどまることしかできない子どもに、罪や落ち度はありません。彼らが生まれ持った成長力を信じて、あたたかく見守るべきでしょう。しかし、親や塾や受験を対象化でき、自分の考えを自ら変えていけるはずの大人になってしまえば、もはやあわれみはかけられません。職場をはじめ社会生活上なんらかの立場についた彼らが、思考力不足、競争意識、エリート意識に由来して問題行動を起こせば、それは彼らの責任です。

それを思えば、いつもトホホで終わるチャトゥルはまだ愛嬌あるかもしれません。また別の見方をすれば、機械人間をそういうこっけいなキャラクターにつくってしまうあたりに作者の手腕が見て取れますし、暗く冷たい問題を笑い飛ばしてしまうコメディ特有の力強さも感じられます。

そして、チャトゥルがいればジョイ・ロボもいるのが競争社会。

本作が描く現代インドとは若干カラーの違いがあるとはいえ、「人生がレースになってしまっている」という悲鳴なら、日本人も大なり小なり理解するところではないでしょうか。我々は、低年齢からの鬱や自殺願望、そして自殺にもっとスポットライトを当てるべきです。圧迫に苦しむ若者の声に、子どもが様々な形で発するSOSに耳を傾け、誰かが応えなければ、悲劇は生まれ続けるでしょう。一件でも余りある悲劇が、次々と……。

社会の犠牲となって自殺に追い込まれた人が、これまでにどれほどいたでしょうか。社会の在り方に問題がある、なんとかせねばという制作者の気持ちは、私にも痛いほど分かります。

さらに教育にかぎらず、利益追求や効率化の行き過ぎは、日常から国の経済レベルにいたるまで、様々な問題の温床となっています。私の尊敬する人はかつて「『人間には狩りの能力だけでなく精神面の充足も大事だ』なんて口にすれば、親や先生からは『つまらないことをしゃべってる間に勉強しろ』、会社では『無駄口叩かずキリキリ働け』ととがめられるのがオチだ」と、それはそれは清廉な文章を自身の自殺サイトにしたためていました。彼はそんな社会で重度のうつを患い、10年も苦しい闘病を余儀なくされた、善良で、良識ある人でした。他にも、あちらこちらからいろいろ耳にします。「若い人に期待している」などというやさしげな言葉で、若い従業員がすぐに結果を出さないと責め立てる会社。果てのない研究や破天荒な生き方を、チャトゥルさながらに「現実的でない」と切り捨てる風潮。学生が「シューカツ」を終えればその後ずっと自動的に安定収入が入るような幻想を持っていて、その人生モデルを子どもに強いる親、などなど。時間のかかること、先の見えないことには放棄をせまる傾向があります。

では、本当に未来を創る力とはどんなものなのか――『きっと、うまくいく』はまさにそれを描いた作品といってもいいと思います。

成功とは、あとからついてくるものである

『きっと、うまくいく』でいちばん印象深いのは、映画の幕引きにも使われた「成功はあとで付いてくる」という名言。成功ではなく優秀さを追求しろ、成功は自ずと付いてくる、というのがランチョーの一貫した主張です。何人の何事でも、いきなり成果が出ることはありません。訓練や管理ではなく、人間をつくるのが教育というもの。まさにそうだと思います。

大らかさがある場所でだけ発明は生まれます。そして、その発明がもたらす果報は精神面のみならず、結局のところ経済面でも巨大になる。映画のラスト、ランチョーこそが何百万ドルの契約相手だと知ったチャトゥルは「君は何かやる人だと思っていた」と負け惜しみを言いますが、まさにこれです。

冷静に考えれば、効率化や利益追求の暴走は合理性を欠くことなんですよね。「即席の成功」は、はりぼてのニセものでしかないのです。

子ども・若者のことは、芽吹いたばかりの未来としてあたたかく見守るべきです。それができないのは、忍耐力不足・思考力不足ではないでしょうか。

あいにく私はインドへ行ったことはないのですが、旅行した人、インド文化に詳しい人が魅了されたと口をそろえるのは、根底を流れる「寛容さ」です。様々な一風変わった人が「聖者」として尊敬されていることも要注目。古代より続く「突拍子もない変わり者への投資もいつか成果となって返ってくる」という因果論がこういう風土をつくっているんですね。『きっと、うまくいく』の公開は2009年で、原作小説の発表は2004年。チャトゥルのように目の色を変えて学歴と利益の競争に走る人が出てきているのは、新興国インドの一つの現実です。しかし一方それに反対し、人間らしさと因果論を高らかに歌い上げる作品が出てきて、しかもそれが私の耳に届くほど大きな声を持つのは、さすが根強い伝統あってのことだと思います。

成功は後からついてくるものだ。

とびきりハッピーでカラフル、難しい社会問題もはねとばす活気にあふれた映画をかけながら、そんなことを考えるのはいいものです。おすすめできる一作なので、次の週末にでもぜひ。

関連記事・リンク

自殺サイトの思い出 – インドだけではなく、日本もまた自殺大国です。では、自殺へ追い込まれていく人はどんな状況で何を思っているのでしょうか。実情を世に伝えたかったので、分量無制限でしたためました。

著者Twitter – ブログ更新のお知らせをしていますので、フォローお願いします。(別ウィンドウで開きます。)

著者・日夏梢プロフィール