”就活”はつらいよう構造的にできている―原因3つ解説と、心を軽くするとらえ方

“就活”の中で自信を失ったり、将来への希望をなくしたがために、その後の人生が台無しになってしまう――そんな人は一年また一年と増加する一方です。

もしあなたが“就活”をつらいと感じているとしたら、それはどこもおかしくありません。なぜなら、そのシステム自体が、学生に重い精神的負担を背負わせるようにできているからです。

今回は、“就活”というシステムに組み込まれたつらい気持ちになる原因を3つの観点から指摘し、白日のもとに引っ張り出すとともに、どうすれば心を軽くできるかを見つけ出していこうと思います。本稿が失っていた自信を回復し、自分にとって幸せな人生へのアイデアになれば筆者として幸いです。

ズシンとくる「拒絶の連続」

まず第一に、“就活”というシステムでは、誰もが内定が出るまでに何十回も「落ちる」経験を繰り返します。

「そういうものだから落ち込む必要はない」と励ます人はいると思います。学生の側としても、数社しかエントリーしなくて就職先が決まらなかったら……と不安が湧くのはまっとうですし、とりあえず様々な企業に挑戦してみなければ見えてこないこともあるでしょう。何度も何度も落ちて普通だと割り切ってやるものだ、といえばそうかもしれません。

しかし、いくらそう理性的に説明したところで、企業から送られてくる不合格の通知がすべて「拒絶」を表しているのは事実です。人間が拒絶される経験を何十回も、断続的に繰り返せば、心に痛みが生じるのは心理学的に当然の反応。強いストレスになりますし、大なり小なり自信を喪失することは避けられません。もしノーダメージだとすずしい顔をしている人がいたとしたら、それは自分の心にうそをついているだけです。就職先がなかなか決まらない、あるいは内定なしのまま卒業となることで、「自分は社会から必要とされていないのでは」と嘆く絶望的な声もたびたび耳に入ってきます。この悲痛な叫びは、決して大げさではないのです。

”就活”という一本のレールは、誰もが「拒絶の連続」を通過するよう敷かれています。それが心理学的に強いストレスと自信喪失の大きな原因となるのです。

「拒絶の連続」を多少なりとも軽くするために

私は以前から何度も述べてきましたし、本稿でも繰り返すことになりますが、日本の”就活”は非常に特殊な雇用システムです。上記のような学生にのしかかる負担や、柔軟性のなさ、生まれ年による運不運など、理不尽な要素を多分に含んでいるのです。それゆえ、これまでも様々な分野から入れ代わり立ち代わり疑問や批判が上がってきました。

しかしながら、日本社会はそうした雇用の問題を解決するには至っていません。筆者は二十代のころ病気を抱えたりしていたという事情によって”就活”とは縁がなかったのですが、日本社会で普通に育ったなら自然とそちらへ誘導されていくのはよく分かります。

では、「拒絶の連続」が避けられなくなったとき、どうやって自分の精神と人生を守ればいいのでしょうか。

重要なポイントは、”就活”を重くとらえないこと。世間では人生の一大イベントのように言われているものの、それは実際には重くとらえるほどのものではないからです。

もし良い企業にめぐり会えたという場合は、素直に受け止めてしまっていいでしょう。たしかに問題だらけの雇用システムかもしれませんが、自分の人生にうまく利用できてしまったというならそれは「ラッキー」ではあります。せっかく幸運が降ってきたのだから、就職後もそれを生かすよう意識するといいでしょう。

一方、うまくいかない、あるいは就職が決まらないまま卒業した……という人。断言しますが、それによって人生が失敗になるなどということはありません。なぜなら、“就活”は「仕事」の全てでも何でもないからです。

人の働き方は、会社に勤めるという形態がすべてではありません。企業や団体を設立する、フリーランスで働く、店を開く、投資家になるなど、お金を稼いで生活する方法はおおまかに分けただけで何種類もあります。にもかかわらず会社勤め以外の働き方が現実離れした話のように言われるのは、日本人の頭に戦後昭和のプロパガンダが深く浸透したからにすぎません。

このことは海外と比べれば一目瞭然です。海外諸国では「新卒一括採用」はありません。全員が一律のベルトコンベアに乗せられるようなこともありません。学校を卒業したばかりでも個々人がもっと自由に、自分主導で仕事を探しています。自分一人、または友達と一緒に店を開いたり、会社を始めたりする話もよくあります。これは特殊な才能がある人だけの話ではありません。日本の常識は世界の非常識。起業は代表的な働き方のひとつです。最近では日本でもそれに気付く若い人が増えています。イキイキと楽しく働いている人に実際会ったこともあります。

あなたのなりたい自分、あなたにとっての幸せな人生とはどんなものでしょうか? どんなふうに働きたいですか? それが叶ったなら、”就活”がうまくいかないことはすべて帳消しになります。

”就活”は、学生側にとっては理不尽なシステム。である以上は、引いた眼で俯瞰する視点を忘れず、うまくいったにせよいかなかったにせよ、自分に都合よくとらえるくらいでちょうどではないでしょうか。

悪質な業者に奪われる「自分への自信」

”就活”をする中で悩んだり、自信を失ったりする学生は後を絶ちません。

最初に抱いていた将来への希望が、面接を重ねるうちにどんどん色あせていった。内定が出なくて「自分は世の中に必要とされていないんだ」と深く落ち込んだ……。それで自己肯定感(=ありのままの自分を肯定的に受け止められる気持ち)や自尊心(=自分をかけがえのない存在だと感じられる気持ち)を失っていくと、面接の場でも輝きがうすれていき、就職がますます遠のいて……というように、悪循環に陥るのです。

でも、ちょっと待って! あまり取りざたされていないだけで、”就活”関連は悪質な業者が多い世界です。

就活する学生たちと黒板の前に立つ講師
ごく普通に行われているが、”就活”は特殊な世界。当たり前な顔をして前に立つ関連業者も、裏には事情をかかえている。

悪質な業者の言うことは気にしなくていいんです。思い返してみてください。あなたが出会った業者に以下のような兆候はありませんでしたか?

セミナー会場の雰囲気が異様

まずは最も分かりやすい例を二つほど紹介しましょう。どちらも実話です。

  • 著書を何冊もかかえる有名な講師のセミナーに参加したら、ビルの一室に閉じ込められる形になり、壇上で6か月連続講座の宣伝が始まった。
  • セミナーに申し込んで会場に行ってみたら、建物が宗教団体のビルだった。

……悪質な講師や団体の典型ですね。

行ってからあやしいと感じたり、会場が異様な雰囲気だったりした場合は、必ず手を切りましょう。

講師が一方的な指導者としてふるまう

以上はあからさまに危ない例でしたが、ビジネスセミナー系の悪質業者は一見まともなケースが多いです。だから講師やセミナーが悪質な”就活”業者だと気づかず、言われたことを真に受けてしまったために、多くの学生が自信や希望を失って、人生を台無しにされているのです。

なので、ここでぜひ「悪質な業者のサイン」を覚えていってほしいと思います。

まずは、業者や講師の態度を見てみてください。一方的な指導者としてふるまってはいませんか? 学生を「何も知らない人」のように扱ってグイグイ引っぱろうとする人物・業者は危ないので、距離をとるのが安全です。

具体的には、

  • 「(就職は)こうなんですよ」「社会とはこういうものです」などと、話し方が断定的
  • 口調や態度が強権的
  • 学生に対する態度や言葉遣いが礼儀正しくない、見下したよう
  • ああしろこうしろと言う
  • 「そんなことでは内定はとれない」「社会でやっていくにはこうならなければならない」などと「厳しさ」を強調する

こうした言動は、学生側のニーズを考慮していないサイン、脅しによって参加者をコントロールしようとしているサインです。

先ほど「セミナーに行ってみたら会場が宗教団体のビルだった」という例を紹介しました。さすがに特殊な話のように感じたかもしれませんが、たとえ大手業者による大勢の学生が参加しているイベントであっても、上記のようなサインがあった場合、やっていることの中身は宗教の「教祖様」と変わりません。

現状ではこのような悪質な業者は野放しなので、学生のみなさんは気をつけるよう勧めます。相手がどういう人物かを引いた目で確認して、この人・この業者はあやしい、信用できないとなったら、けじめをつけてスパッと切ること。ビジネス関連の講師はみな、信頼置ける経歴やこれまでの実績、誰もが知る有名企業で働いた経験などをアピールしますが、注目すべきなのは、その人の人格と背景事情です。

悪質な業者に言葉や態度で示されたことはすべて心の中で切り捨てて。

人には誰しも個性があり、個性にはかならず仕事で活用する方法があります。

参加者に「いい悪い」をつける言葉や態度

「一方的な指導者」としてふるまうのと関連して、「いい悪い」をつける言葉や態度がないかどうかもチェックです。こちらは「教祖様」タイプより物腰はソフトですが、悪質さは同等です。人の心にするりと入り込んでくるので、細心の注意が必要です。

たとえば、グループワークをやらせて、目立った人だけを「そうです、そうです、よくできましたね」などとほめそやかしていないか。あるいは、「これでいいのかな?」と手が迷っている人に「改善」を提案するなど、暗に「今の状態ではだめ」「だめな人」という態度をとっていないか。

本来、人の個性にいい悪いはありません。将来の希望も人それぞれです。

イーゼルに立てられた12枚の絵画
個性はそれぞれ。いい悪いや優劣はない。

にもかかわらず上記のように「いい悪い」を示すのは、業者や講師の都合によります。

業者がイベント会場を時間で借りているなら、時間内に「これをやって、こうなりました」とまるくまとめて、きれいに幕を下ろさなければなりません。(これは悪質な業者だけではなく、良心的なセミナーでもある程度は起こります。)

また、ビジネス心理の講師の場合、彼らは成果をあげた外形を必要としています。彼らは「私のワークショップをやったことで、参加者がこれだけの成果を出しました」「私の講演は参加者に好評でした」といった「実績」を自分の経歴に書きたい。なぜなら、それなしには次のイベントや講演、研修に呼ばれなくなってしまうからです。もちろんどんな職業にも善人はいるものだし、ビジネス心理の講師がプロフィールに実績を書くこと自体は少しもやましいことではないのですが、もし実績欲しさからセミナー参加者を自分の都合に沿うよう誘導するに至ったら、それはもはや悪質業者。あなたのためを思っているわけではないので、精神的に切り捨てるべきです。

セミナーに参加するのはいいけれど、引いた目は忘れずに

私はなにも、「大人の事情」があるからといってセミナーは全部あやしいとか、参加するなと言っているわけではありません。たとえあまり良くない業者に当たってしまったとしても、行ってみたという行動自体が人生経験になるからです。

ただ、セミナーや講師を客観化する引いた目はいつでも忘れずに。これは悪質業者対策としてはもちろん、良心ある講師に対してでも同様です。

皮肉なことに、”就活”イベントをはじめとするビジネス心理のワークショップは、自己分析ができている人ほどやりにくいんですよね。なぜなら、自分の体系が講師の体系とぶつかってしまうから。たとえば、講師が「では、尊敬する人をリストアップしてください」と指示したら、強固な思考や世界観、人生観ができている人ほど「そんなこと急に言われても……」となってしまう。

セミナーに出てみた。講師が教えるメソッドをやってみた。大事なのは、それを自分はどう思ったかです。講師の言う通りにすることではありません。自分というものをしっかり持って、自分の力として取り込めるものだけを取捨選択するのが肝心です。

構造が企業ありき。学生のためではない

本来、職業選びは喜びにあふれた人生の一歩です。これまでに培ってきた自分を発揮する時。職業はアイデンティティの重要な部分だからです。

しかし、“就活”は「職業」の本質とイコールではありません。そのシステムが企業の都合・利便ありき、決められたスケジュールありきに作られているからです。学生の主体性への考慮は基本的にゼロ。そのため「アイデンティティ喪失の儀式」とまで呼ばれるほどです。

本来の職選びの在り方が、戦後日本の企業中心社会に無理やり取り込まれ、ねじ曲がっている。それを端的に表すのが、イベントやセミナーで行われる「自己分析」でしょう。

自己分析のやり方を教えるフリした粗悪な情報

”就活”の途中で自己分析に行き当たったはいいけれど、「本当にこれで自分のことが分かるの……?」「これが本当に自分なんだろうか……」などと疑問や違和感を感じる学生はじつに多いです。もしかしたらあなたもその一人かもしれません。

じつは、自己分析のやり方については、明らかにいいかげんな情報が世に平然と出回っています。なのでもしあなたが疑問や違和感を感じたなら、それは自然だし、鋭いことなのです。

業者には業者の都合があるので情報がかたよっている、ということはすでに別途解説しました。

リンク:自己分析のやり方おすすめ14選―独立した立場だから言える本当のこと

そこで今回は、なぜ粗悪な情報が平然と流通してしまうのか、その裏事情を具体的に指摘・解説していきたいと思います。

「なんだか機械的で、違和感が……」その原因と背景

業者が教えてくれる「自己分析のやり方」に目を通すと、なんだかテンプレ的というか、機械的な印象を受けはしないでしょうか? まずはその理由と背景から論じていきます。

リクナビの不祥事から分かること:お客様は学生ではない

2019年、大手”就活”情報サイト「リクナビ」が、利用者である大学生の同意を得ないまま、サイト利用履歴等から内定辞退率を予測したデータを求人する企業に売っていたことが明らかになりました。

参考リンク:リクナビ事件を忘れるな―ローカル企業はGAFAより怖い?(「GAFA独占の問題点と日本の現状・課題」より)

その気持ち悪さに学生から悲鳴が上がったのは当然でしょう。私も「学生を一体何だと思っているのか」と憤ったものでした。ただ別の側面に目を向けると、それまでネットのセキュリティ・プライバシーにあれほど能天気だった日本人のIT独占企業に対する理解は、リクナビ事件をきっかけにぐんと上がったように思います。目が覚めた、とでも言いましょうか。

リクナビの不祥事から分かること。それは、”就活”業者の「お客様」は求人する企業であって、未来へ向かう学生ではないということです。彼らは仲介業。企業から中間マージンをとることが目的です。彼らの事業は、学生のためになっている面がないわけではないにせよ、真の目的が別のところにあるのです。この点では、”就活”の産業構造における学生は「大学病院の患者」に近いといえるかもしれません。

”就活”業者ゆえのゆがみ

今回は深入りしませんが、”就活”はみんながやる当たり前のことのようでいて、世界にまたとない特殊な世界です。それをパーツの一つとして動く戦後日本の企業文化全体が、諸外国にはない独特な世界だからです。(それが私がダブルクオテーションでくくって俗語扱いにしている理由です。)

情報の発信元がそんな特殊な世界に根を下ろす企業なのだから、情報がゆがんで偏るのは当然の成り行きです。

「内面やプライバシーに踏み込めない自己分析」という根源的な矛盾

以上のように、業者は”就活”ありきの頭で自己分析を語っているのですが、本来の自己分析は、往々にして自分の内面深くに踏み込みます。精神的に非常にデリケートだったり、プライバシーにかかわることに触れる可能性が高いのです。

「精神的に非常にデリケートなこと」には、暴力や虐待によるトラウマ体験や、精神的に不健全な環境下にあったことなどが含まれます。たとえば、中学の時クラスにいじめがあって、自分も集団から汚物を使った暴行を受けた。あるいは、いじめで成り立つ暗いクラスで、息をひそめて思春期をやり過ごした。もしくは、自分こそがいじめの加害者だった――。

プライバシーもそうです。たとえば、小学生のころ親と親戚の間で事業継承をめぐる骨肉の争いが勃発したため、子どもらしい感情を表すことができず、情緒の発達がうまくいかなかった。あるいは、父親が長年アルコール依存症で、家族には今なお借金がのしかかっている――。

どうでしょう。セミナー会場で大っぴらに言えることではありませんよね? 自分の思考パターンや外界のとらえ方を客観化する自己分析では、そのルーツである自分の過去をたどっていきますが、その「過去」には心的外傷経験なども含めた「面接向け」ではない内容も必然的に出てくるのです。本当はこういうデリケートなことこそ自己分析では大きな意味を持ちますし、そういう人生の困難を乗り越えるためにやることでもあるのですが……”就活”イベントをまるくおさめるためには、精神面やプライバシーにかかわることは邪魔でしかありません。ワークショップの最中に学生の一人が立ち上がって、上記のようなぎょっとする話を始めるところを想像できるでしょうか?

そこにもってきて、何ナビなどの講師は、心的外傷などに関してはズブの素人です。精神科医でもセラピストでもありません。イベント会場には不特定多数が集まるので、確率的にそういうデリケートな問題を秘めた人がまざっているはずなのですが、講師にはそれに対処する能力がありません。対処しなければならない義務もありません。

以上のような都合から、”就活”由来の「自己分析のやり方」には、あなたの精神面やプライバシーに踏み込むことがないよう無理な調整が加えられています。制限付きの自由が自由ではないのと同じように、根源的な矛盾をはらんでいるのです。

どのサイトにも同じことしか書いてないのはなぜ?

ネットで「自己分析のやり方」を検索すると、どの”就活”サイトを見ても書いてあることは同じです。

もしあなたが「なんか言論統制みたいで気味が悪い……」と違和感を覚えたならその通り。ここでは「どのサイトを見ても同じ」が生じるメカニズムを解説します。

書くことが大同小異になっていくメディア業界の不気味な現象

「どれを見ても同じ」になる原因の一つは、メディアそのものに内在しています。(もっとも”就活”業者はプロの記者でもライターでもなく、メディアとしては素人なのですが、本稿では「情報を発信している者」と意味を広義にとって「メディア」に入れることにします。)

これを理解するには、1930年代の新聞がよい例になります。日本全国どの新聞も「国際連盟を脱退せよ」の怒号で気持ち悪いほど一致した、あの恐ろしい時代の話です。なぜそうなってしまったのかというと、じつは言論統制で政府に無理やり書かされた……ということではなかったんですよね。

そのころ、新聞業界は競争が激しくなっていました。どの新聞社も、読者を一人でも多く獲得してライバル社に勝とうと熱くなっていたのです。

当時は、軍国主義的な記事、外国への憎悪をあおる情報が読者にうけました。ちょっとうけると、新聞社同士の競争は軍国主義合戦になっていきます。読者獲得レースで一歩でも前に出るため、どの新聞社も軍国主義的な記事を書くようになっていく。こうして軍国主義的な情報は「テンプレート」となり、社会に定着していったのです。

こう聞くと、「なら一社だけ違うことを書いたら、目立って注目されるのでは?」と思えますよね。しかし、現実はそうはなりません。現実に起こってくるのは、同じ軍国主義での速報合戦だった。

ひるがえって今日ですが、リクナビをはじめとする業者はどこも利潤を目的とする企業なので、互いにライバル会社です。メディアがライバル社に勝ちたいと願ったら、あとは1930年代の新聞と同じ現象が起こってくる。情報を発信する”就活”業者間の競争によって、「自己分析のやり方」というカテゴリの情報に「テンプレート」ができあがっていくのです。メディア同士の競争が情報を大同小異に追い込んでいく性質が顕著に表れていると私は見ています。

(私は本稿で、あえて独自の着眼・立論・展開をして「一社だけ違うことを書いた」状態をつくってみたので、これが読者にどう受け止められるのかを興味深く見守っています。社会学専攻の学生さんなどいますかね?)

大同小異に輪をかけるネット検索の幕の裏

こうしたメディアに内在した問題に輪をかけるのが、ネット検索の仕組みです。

Googleの自己分析のやり方検索結果
Googleで「自己分析 やり方」を検索した結果。パターン化されたページタイトルがザーッと並んでいるが……?

簡潔なプレゼン風に見えなくもないタイトル群ですが、実はこれにも裏事情があります。ITとなれば私もサイト管理人として内情に通じているので、その幕の裏をお見せしましょう。

企業間の競争がネット上に舞台を移すと、各社の目指すところは「Google等の検索結果でライバル社より上に表示されたい」になります。上に出れば出るほど検索した人の目にとまりやすく、ページに来てもらえるので、ライバル社に勝てるというわけです。

ありとあらゆる企業がネット上でレースを繰り広げるようになったため、ITの世界には「検索結果で上に表示されるためのノウハウ」ができあがりました。今日ではその専門業者がいるほどで、大手企業になれば必ず業者を利用したり、社内に専門の部署を置いたりしています。

そうしたITノウハウの一つに、「ページタイトルに数字を入れる」というのがあります。”就活”業者がネットで「7ステップ」だの「8ステップ」だのと言いたがるのはひとえにそのため。実際に「7ステップ」や「8ステップ」で自己分析ができるからそう書いた、というわけではないのです。少し冷静になってみれば、まぁそうだろうなと分かるでしょう。人間は地球上で最も複雑な生き物で、個性も送ってきた人生も考えていることも全員違うのだから、たった数ステップで自分のことをまるごと明らかできるはずがありません。

さらに、「リスト型記事は人気が出る」というノウハウもあります。映画であれ何であれ、ネット上では「おすすめ5本」だとか「まとめ」「比較」などと題して商品やリンクがズラズラと羅列されているページをよく見ませんか? ああいうのがリスト型記事で、IT業界ではひとつの型として定着しています。これで、あのサイトにもこのサイトにも性格診断がズラズラと羅列されている理由がわかりましたね。

以上のように、”就活”関連企業がどこも同じITノウハウを用いてレースを繰り広げているから、どのサイトもそっくりになってしまうのです。

企業同士が競争するのは自然な市場原理ですが、それもいまや暴走状態にあり、”就活”業者が発信している「自己分析のやり方」は正しい情報の範疇から外れてきていると感じています。

自己分析で道に迷わないための3つのポイント

以上の通り、業者の都合によって粗悪な情報が氾濫している現代社会。

なら、自己分析の本当のやり方はどんなものなのでしょうか? それについては別途解説したので、詳しくは以下リンクをご覧ください。

リンク:自己分析のやり方おすすめ14選―独立した立場だから言える本当のこと

大事なのは、「自己分析をするのは、自分の個性に合った職業や会社を探し当てるためである」という大原則にいつでも立ち返ることです。たとえ自分を見失いそうになっても、指針をにぎっていれば、もと進んでいた道に戻ってこられるからです。

二番目のポイントは、性格診断や適性診断をするときは、”就活”の世界から独立した診断テストを必ずいくつかまぜること。

たとえば、上記リンクで紹介した「エゴグラム」はもともと精神医療に使われるテストでした。また「エニアグラム」は神秘主義的な部分は好みが分かれるかもしれないと言いましたが、視点をずらしてみれば、70年代以降のアメリカ発ということは戦後日本の”就活”の世界からは完全に独立しています。「16 Personalities」は友人関係や恋愛、子育てなどを含んで、仕事だけではなく人生全般を考えるのに役立つよう構成されています。発信元の立場からしても信ぴょう性が高いのです。

そして最も大事なのは、自分の希望が第一であるということです。たしかに世で信用されている適職診断はよく当たったりしますが、「好きこそものの上手なれ」と言うじゃないですか。”就活”の途中で出会う自己分析は自分の新しい可能性を発見したり、別の道を考えるきっかけにはなるでしょうが、進路を決めるのはあくまで自分なのです。

あなたが自己分析をしていて「こんなことで本当に自分のことが分かるのか」「これが本当に自分なんだろうか」と悩み迷ったとしたら、それは至極まっとうです。業者の都合で無理な調整が加えられた自己分析メソッドは、故意的にあなたのほんの一部しか取り出さないからです。この点でも、”就活”はしょせんその程度のものでしかありません。人生にとって本当に必要な自己分析とは、周りのシステムではなく自分のペースで自己を掘り下げ、生きるヒントとして活用していくことです。

まとめ

以上、日本の“就活”に構造化された精神的なつらさや矛盾を詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

構造的に精神的負担がくるようにできているのだから、“就活”をつらいと感じるのは自然なことです。むしろ、何も疑問を感じることなく平気でやってのけている人がいたら、そのほうが人として心配なくらいです。

そして断言しますが、”就活”がうまくいかなかったからといって「自分には価値がない」とか「社会から必要とされていない」ということにはなりません。それが人生に影を落とすこともありません。広い世界を見渡せばそうだと分かります。「学校を卒業して会社に入る」というのは、戦後昭和の自分を見失った人々が時のプロパガンダによって植え付けられた人生観にすぎません。現実には、それとは違う働き方や生き方がたくさん転がっています。その中から自分に合った道を選ぶことこそ、仕事での成功や幸せな人生につながる道なのです。

ちょっと視点を変えれば、見える世界は変わります。自分が自分らしく輝ける方法を探し続けていくことこそが、”就活”での本当の「勝利」ではないでしょうか。

関連記事・リンク

著者プロフィールTwitter

自己分析のやり方おすすめ14選―独立した立場だから言える本当のこと

日本の平均年収の推移(男女別)と中央値は?年収の多い職種とは?

自己肯定感を高める方法を探しているあなたへの10話

日本の企業文化「井の中の蛙」―その特徴と変革への指針7選

Ado『うっせぇわ』の歌詞の意味を3つの視点から読み解く

(※本ページは、上記リンクの自己分析に関する記事の一部を移設し、再編集したものです。)

トップに戻る