新型ニンテンドースイッチはどんな人におすすめ?

任天堂のゲーム機・Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に新型がお目見えしました。新発売のニンテンドースイッチライトは、私にとっては待ってましたのモデルです。

こうして種類が増えたニンテンドースイッチですが、ゲーム機事情にくわしくない初心者は、どちらを買えばいいのか迷うのではないでしょうか。実際私から見ても、まちがって自分に合わないほうを選んでしまえば後悔するだろうな、という状況になっています。

今回は、ゲーム初心者向けにどちらのニンテンドースイッチがおすすめか選び方のガイドをまとめ、続いて私が購入したNintendo Switch Liteの感想をいろいろ語りたいと思います。

【初心者向け】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とは?

「Nintendo Switch」とは、ゲーム用のハードウェア(機械)です。開発・販売しているのはゲームメーカー・任天堂。ガジェット・おもちゃとしてのおもしろさから人気が沸騰し、発売当初は全国で品薄が続くなど、大ヒット商品になりました。

このNintendo Switch本体に市販の専用ゲームソフトのカードをさす、またはソフトをダウンロードすることで、さまざまなゲームを遊ぶことができます。

ほんとのほんとに初心者でゲームのことは一切分からない、という方は、スマホとアプリの関係を想像してみてください。スマホの本体自体は、ほとんど空っぽな機械ですよね。本体を買ってきた段階では、できることは電話とカメラくらいしかありません。その本体に、数あるアプリの中から電子書籍アプリを入れればスマホ上で電子書籍を読める、キーボードアプリを入れればスマホでキーボードの音を鳴らせる……などと各自が好きに使っていくのがスマホという機械です。この関係で、スマホにあたるのがスイッチ本体、アプリにあたるのがゲームソフトです。

たとえば、もしポケモンをやりたいなら、そろえるものは「ニンテンドースイッチ本体」と「ポケモンのスイッチ用ソフト」の2点です。本体に「マリオカート」のソフトをさせば「マリオカート」を、「スプラトゥーン」をダウンロード購入すれば「スプラトゥーン」を遊べます。

Nintendo Switchのモデルは2種類に

Nintendo Switchが発売されたのは、2017年3月3日。2019年8月30日にはバッテリーが長持ちするよう改善された新型モデルが出ましたが、商品としてはまったく同じです。

そして2019年9月20日、新型モデル「Nintendo Switch Lite」が発売され、ニンテンドースイッチというゲーム機には2種類が存在するようになりました。

では、もとからのニンテンドースイッチと新型のライトはどのように違うのでしょうか。

両者を比較してみると、まずNintendo Switchは、

  • テレビに接続して遊ぶことも、携帯ゲーム機として持ち歩くことも両方可能
  • Joy-Con(ジョイコン。コントローラーのこと)の全機能対応
  • すべてのスイッチ用ソフトの全機能に対応
  • 価格は29,980+税

一方、ライトのほうは、

  • 携帯専用機で、ゲーム画面をテレビに映すことはできない
  • コントローラーは本体と一体なので、取り外しはできない。Joy-Conの振動機能やモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶには、別途単品でJoy-Conを買う必要がある
  • 「携帯モード」に対応したソフトのみプレイできる
  • 価格は19,980+税で、Switchより10,000円安い

もっとも重要なのは、ニンテンドースイッチライトは「携帯専用機」である、という点です。

初心者の方は、どれでもいいのでスイッチで遊んでいるところのCMを参照してみてください(任天堂公式YouTubeリンク、新しいタブで開きます)。コントローラーをカチャッ、カチャッとつけたり外したりしているのがNintendo Switchで、こちらはテレビで遊ぶことも、携帯できる手元の小さなスクリーンでプレイすることも可能です。一方、ライトのほうは変形することなく、その本体だけで遊ぶことになります。

新型・ライトは、こんな人には必要ない

ニンテンドースイッチの種類について覚えておくべきなのは、「大は小を兼ねる」ということ。結論を言ってしまえば、すでにNintendo Switchを持っている人はライトを買う必要はありません。なぜなら、ライトでできることは全部、今までのニンテンドースイッチでできるから。

それでも買うのは、新型ハードは全部集めるというタイプのゲームファン、あるいは軽くて持ち運びやすいライトを自分なりに使い分けようと計画している人、などでしょう。必要性はないことを理解した上で自分の活用法を頭に描いているなら、その通りにして後悔はないはずです。

ニンテンドースイッチライトはこんな人におすすめ

私は、スイッチライトが活きるのは以下の2タイプだと考えています。

ひとつは、プレイするゲームの本数が少ないライトユーザー。

もうひとつは、ゲームの事情にくわしく自分のニーズを見極められる上級者です。ここでいう上級者は、「Liteの機能まででOK」と自分で判断できる人、ガジェットとしてのおもしろさにはあまり興味がなく、ボタン操作以外を求めていない古典的なゲーマーなどを含みます。

どっちを買うべき? 初心者の選び方ガイド

ゲーム機事情は、初心者にとっては分かりにくいもの。実を言うと、私の周りにはゲームをやったことがある大人が一人もいなかったので、最初は本当にゲーム機の名前すら分からなかったんですよ。なので自分で考え、調べ、一歩一歩歩んでくることになりました。だからこそいまでは「新しい世界を自分で開拓した」という自負や達成感がありますね。ここでは、右も左も分からないゲーム初心者、あるいは自分の判断に自信を持てない人のため、本式のNintendo Switchにするか、それともLiteで足りるのか、実際的な選び方のガイドを書いておこうと思います。

まず、スイッチライトで遊べるのは「携帯モード対応」のゲームだけだと言いました。しかし実は、ほとんどのソフトは携帯モードに対応しています。なので、ライトでは全面的に無理、遊べない、というゲームはほとんどありません。

ファイアーエムブレム無双パッケージ裏プレイモード表示
携帯モードでプレイできるかどうかは、ソフトのパッケージの裏に表示されている。この場合、左からテレビモードは1~2人プレイ、テーブルモードは1~2人プレイ、携帯モードは1人プレイに対応している。

携帯モードに対応しているかどうかはソフトを買う前に必ず確認すべきですが(ソフトのHPやパッケージ裏に表示があります)、実際問題この点は安心していいでしょう。

さらに実際的な話をするなら、あなたがネットをさまよって探している情報は、もしかして「ポケモンをやるためにはどんな機械がいるのか」ではありませんか? つまり、Nintendo Switchは自分にとって「ポケモンをやるための機械」であって、他のゲームをやる予定はないし、もしやるとしても「マリオカート」や「スプラトゥーン」といった超人気タイトルだけ、という人も世の中には多いはず。

もしこのように遊ぶタイトルの本数が1本、2本程度に限られているなら、ニンテンドースイッチライトは「お得」になるのでおすすめです

新型ライトが発売された2019年9月という時期には、11月にひかえる世界的ビッグタイトルの最新作『ポケットモンスターソード・シールド』の発売を見越してより手の届きやすいモデルを事前に発売した、という任天堂の意図がみられます。なので、もしあなたが「ポケモンをやるための機械」を探しているなら、素直にこの流れに乗ってはどうでしょうか。ポケモンデザインのLiteが同時発売されることもすでに発表されていますので、そのカラーが気に入るなら、ポケモンと同時購入でもいいかもしれません。

一方、これからどんなゲームを何本やるかは未定、という人もいるでしょう。あるいは、ゲーム事情に明るくないのでこれからどんなふうに使っていくかを想像しようがない、という初心者も。こういう人は、後悔したくないなら「大は小を兼ねる」で、新型のライトではなくNintendo Switchを買うべきでしょう。

ニンテンドースイッチの魅力は、CMでやっているようにカチャカチャいろいろ変形したり、ソフトによってはおもちゃのような遊び方ができるという、ユニークな機械としてのおもしろさにあります。極めつけは「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」というソフトです。これも映像を見てもらったほうが早いですね。

このゲームは、なんと画面の中の世界ではなく、ダンボールの工作から始まります。ダンボールにJoy-Conを装着し、さまざまな「Toy-Con(トイコン)」を作って遊ぶ――まさに唯一無二ですね。したがって、コントローラー一体型のLiteでは、「Nintendo Labo」は全面的にプレイできません。

こうしたおもしろさに心をつかまれたのは、ゲーム好きだけではないんですよね。私のそばにも、ゲームからはほど遠い年配の人なのに、電車内でCMを見ては「あれ、おもしろそう」「やってみたいなー」と語気に力を入れる人がいるくらいです。

このようなスイッチの特性をフル活用したゲームをやりたくなったり、そういうソフトが今後新たに発売されたりした時に「うちのライトではできないんだ……」と判明した悲しさは、想像しただけでも泣けてきます。「だからSwitchにしておけばよかったのに!」と家族内で無用なトラブルに発展したり、「あの時ケチったために、むなしいことになった……」とライトに恨みの視線を向け、苦々しい後悔をかみしめることにもなりかねません。

Nintendo Switchは「大は小を兼ねる」です。よく分からないなら、テレビにつなげるほうのニンテンドースイッチを選んでおけば後悔を避けられます。

ニンテンドースイッチライトのレビュー&感想!

ニンテンドースイッチライトの第一報を目にした時、私は飛び上がりました。これを待っていた!

私から見ても、Nintendo Switchは本当に魅力的なハードでした。しかも私は自分で言うのもなんですが”幸運度”高いんですよ。なんと懸賞で、スイッチソフト『ファイアーエムブレム無双』が当選! 本体を買ってくればプレイできるぞ、という状況になりました。

しかし、思い切れなかった。私はもともと「やり込み派」で1本を長くプレイするほうだった上、最近は忙しくなったため遊ぶ本数がますます減る傾向にありました。1本だけプレイするのに3万円のハードはハードル高いかな……。『ファイアーエムブレム無双』は、ひとまずラッキーアイテムとしてそのままとっておくことにしました。いつかチャンスがこないかな……。そんな思いを胸に。

そしてチャンスは来た! 新型Liteによりハードルが下がったので、私はすぐさま予約に走ったのでした。

新型が見せつけたハードの発展

店から帰り、ドキドキしながら新型ゲーム機の電源を入れた瞬間……感動で胸がいっぱいに。

ニンテンドースイッチライト本体イエロー
箱を開け、Switchのスイッチを入れた瞬間!

いくつものハードを渡り歩いてきた読者には、新しい時代になっても変わらぬこの気持ちを分かってもらえると思います。

Nintendo Switchはグラフィックがきれいですね。サウンドも豊かに、立体的に。凡庸な表現で申し訳ないのですが、そうとしか言えません。

ホームキーの使いやすさは、Nintendo 3DSから見事に発展しました。ソフトを終了しなくてもショップやニュースを見に行けるようになりました。本体の高性能さを感じます。

細部に見られる意識の高さ

そんな新品のスイッチライトをもう少しいじってみて私が感心したのは、本体設定でした。地味だな……という声が聞こえてきそうですが、この部分は以前のハードからすばらしい発展をとげています。

まず目につくのは、新しく搭載された「機内モード」。パソコンやスマートフォンなど、他の電気機器と歩調を合わせた仕様とネーミングです。

さらに、インターネットに接続すると、本体設定からルーターのセキュリティレベルやSwitch本体のMACアドレスなどを調べられるようになりました。これらは、中・上級者やネットワークのプロになればそれぞれのニーズにしたがって知りたくなる情報です。また、本体の名前もデフォルトの「(ニックネーム)のSwitch」から自分で変更できるようになっています。パソコンやスマホと同じく、WiFi接続となれば不特定多数に公開されるデバイス名。こちらもセキュリティにこだわる人のニーズに応える仕様です。

今日、ゲーム機はインターネットに接続される機器のひとつとして定着するに至りました。本体設定には、そうしたいまの社会状況に対応しようとする姿勢があらわれています。地味なところにこそ、任天堂の意識の高さと責任感が光ります。

ブランクありのゲーマーは驚愕必至! サービスと機能

かれこれ2、3年、もしくはそれ以上ゲームから遠のいているな……という人必見。Nintendo Switchには、ブランクのあるゲーマー驚愕必至の機能やサービスがいくつもあります。私はここしばらくは3DSでいくつかの日課をこなすだけだったので、Switchの中身は衝撃の連続でした。

まずは、加入型有料サービス「Nintendo Switch Online」の「セーブデータお預かり」。そう、大切なセーブデータをインターネットを通じて預け、保管できるのです。万が一のときにも預けておいたセーブデータは無事で、別のSwitch本体にダウンロードすることができます。

……目を疑ったでしょう!? でも本当の話です。

ゲームを愛好するすべての人にとって、セーブデータは自分だけの思い出が詰まった宝物じゃないですか。時には何百時間もかけてつくり上げた、大切なデータ。だから、古いソフトになるとデータ消失が怖くて起動できない……。私だってそうですよ。絶対起動なんてしません。大事な大事なあれもこれも消えてしまったなんて、絶対認めない。そんなこんなで、ゲームソフトというのは時が経つと封印されるものでした。そんな我々ゲーマーの夢がついに叶った。これは衝撃のニュースですよね!

第二に、Switchにはスクリーンショット機能がついています。これまでは、ゲーム画面を撮りたければ、スクリーンの前でカメラをかまえるしかありませんでした。これ、方法としてはどんくさいのにむずかしいんですよね。私のポケモンシリーズを語った記事の画像を見てみてください。部屋の中をうろうろしながら天井の蛍光灯やカメラや自分の顔が反射しない位置を探し、ムリな体勢で立ち、ブルブル震える手でシャッターを切ったりしたものです。しかしこれだけ苦労しても、液晶画面をカメラのレンズで写すのだから写真にはノイズが入ってしまいます。悔しいことに、スクリーンの傷や汚れもやけに目立ってしまうんですよね。世を探せばスクリーンショット用の専用機材というのがないわけではないんですけど、業務用機材に近く、一般的ではありません。

そんな苦労にもSwitchでおさらばです。次は完ぺきに美麗な画像を載せられる。楽しみですね。

そして極めつけは、ニンテンドーeショップですよ。ソフトのラインナップを見て回ると、その多様さに驚くと思います。が、その真骨頂は……『ファイナルファンタジーⅦ~Ⅻ』が売ってる……! そう、任天堂ハードで! プレステ発売のFFが!!

任天堂とソニーという二大ハードメーカーの競争、激突。ソフトメーカーを巻きこんだ、水面下のかけひき。『ファイナルファンタジーⅦ』のプレイステーション移行と世界的大ヒットは、ゲーム業界を震撼させる象徴的な大事件でした。

そんな大事件も、いまでは過去となった。一時代が去った時、私たちがリアルタイムに触れて直に歩いていた「時」は、「時代」と呼ばれるようになります。とどまることのない時の流れとゲーム業界の移り変わりに、私はなんとも感じ入りましたね……。

Liteこそ古典的で通向け?

そしてゲームをプレイしてみての感想ですが、Nintendo Switch Liteはゲーム機としては古典的で、かつ複雑な操作に対応しているという、独特な側面を有していると思います。

なんといってもボタンの多さですよ。3Dスティックが2本、上部には小さな「+」「-」ボタン、L・Rに加えて「ZR」「ZL」。ここまで増えれば、どんな複雑なアクションゲームのプラットフォームにもなれますね。複雑なアクションゲーム、そう、『ファイアーエムブレム無双』とか……。

Nintendo Switchはガジェットとしておもしろく、少ないボタンと感覚的な操作でプレイできるハードに仕上がっています。しかし、ベテランゲーマーの間では、昔ながらのボタン操作以外求めていない人はめずらしくありません。任天堂や周辺機器メーカーは、新型ハードが出るたび、グリップ感を追求したクラシックコントローラーを発売してきたくらいです。

また、プレーヤーではなくソフト開発の側にスポットを当てると、ハードの進化は開発費の増大にもつながっています。20年前のゲームではスタッフは総勢20人程度、全員の名前が説明書1ページにおさまっていたりしました。それがいまのスタッフロールには、数えきれない人数が載っていますね。ソフト開発の負担は増すばかりですが、それがおもしろさやイノベーションにつながるとは限りません。

必要な機能だけにしぼった「ライト」なモデルなのに、考えようによっては「通向け」。いろいろ考えさせられます。

「据え置き・携帯」の枠を打ち破る試みにエールを

「64とゲームボーイ」「ゲームキューブとゲームボーイアドバンス」「WiiとNintendo DS」――ゲーム業界には各時代「据え置き・携帯」というセットの枠組みがありました。

その2つがいま、据え置きにも携帯にもなるという画期的なハード・Nintendo Switchによって、ひとつになろうとしています。任天堂は、前据え置きハード「Wii U」のあたりからこうした試みに着手していました。ひとつのハードで、飛躍的にたくさんのゲームへ手を伸ばせるように。ありがたいことです。

これが可能になった背景には、なかなか表に出てこないハード開発の努力があることを忘れてはならないと思います。かつて据え置きハードのスペックがなくてはならなかったソフトが、いまや携帯ゲーム機で遊べてしまう。先ほどは開発の負担増大に言及しました。しかしこうした面を考えればどうでしょう。ハードの目覚ましい性能向上には、プレーヤーとして感謝したい気持ちでいっぱいです。

結びに

かつてはゲーム機の名前すら分からない初心者、いまではすっかり事に通じた私の「Nintendo Switch選び方ガイド」はいかがだったでしょうか? 読者のみなさんが、それぞれ自分に合ったモデルを選ぶ手助けになれば幸いです。

箱開けたて、新品ピカピカなイエローの本体には大満足です。しばらくは意外な展開になってきた『ファイアーエムブレム無双』にいそしみ、11月からは『ポケモンソード・シールド』をやりたいですね。革新が続くゲーム業界、これからも楽しんでいきたいです。

関連記事・リンク

記事公開:2019年9月24日。性質上、この記事は更新されることがあります。

任天堂公式サイト – 本体カラー、遊び方、サービス、ソフトのラインナップなどは公式サイトをどうぞ。

ポケモン新作情報―最新作のハードは3DSからSwitchに! – 11月発売の完全新作『ソード・シールド』の情報だけでなく、ポケモンシリーズの歴史と、私の思い出などもたっぷり語っています。貴重なチラシなども載せていますので、ぜひ見ていってください。

著者プロフィールTwitterではブログ更新のお知らせ等していますのでフォローよろしくお願いします。