提言:「アーティストシップ」という新しい価値観を提唱します

表現・言論には新しい価値観「アーティストシップ」が必要である。ちょうどスポーツでいうスポーツマンシップにあたるような、指針となる価値観と文化が表現・言論にも存在すべきである。――これが本稿で訴える私の提言です。 問題意識 …

叙勲・褒章、国民栄誉賞とその辞退者―調べてわかった驚きの過去

先日、人気マンガ『ONE PIECE』の動向を評する中で、同作者に贈られた県民栄誉賞とその法的・社会的論点に触れたことがあった。それをきっかけに、私は叙勲・褒章など「栄典」の類についてより深く調べてみることにした。 春と …

年齢で追う尾田栄一郎さんの経歴と『ワンピース』の歴史

先日『ONE PIECE FILM RED』の映画レビューを執筆した際には、読者から大きな反響をいただいた。今回は、その時にも少々触れた『ワンピース』の作者・尾田栄一郎さんの経歴、そして変化を、年齢を追う形で全てまとめた …

月額メンバーシップを始めました(+OFUSEファンレターの送り方)

このたび、私の表現活動に月額メンバーシップを新設しました。毎月一定額で私の活動を応援でき、私からは、心からのお礼としてメンバー限定の特典をお送りします。 当ページでは、用意した2つのプランとその特典を、月額メンバーシップ …

芸能人の薬物依存疑惑・逮捕と自主規制―「作品に罪はない」議論を徹底解説

薬物事件で逮捕され、警察署前でフラッシュを一身に浴びながら頭を下げる俳優やミュージシャン。そのたびに出演作が公開中止、CD等が販売停止に。2019年ごろ、芸能人の薬物犯罪に社会から厳しい対応を求める声が上がる一方で、その …

クリエイター支援サイト9選ー作家視点のおすすめ&海外との比較

インターネットという新しいインフラを基盤に、作家、ミュージシャン、映像作家、イラストレーターなど、アーティスト本人へ直接経済的支援を届けるプラットフォームが広まっています。 今回は、そうしたクリエイター支援サイトから代表 …

評価二分の『ONE PIECE FILM RED』~ウタはなぜ”炎上”したのか

ルフィあこがれの大海賊・シャンクスが登場するとしてファンの期待大だった映画『ONE PIECE FILM RED(ワンピースフィルムレッド)』。主題歌と劇中歌には『うっせぇわ』の大ヒットで話題となった人気シンガー・Ado …

人工知能(AI)の問題点・デメリット5選と、人間の未来

以前、映画『2001年宇宙の旅』の続編『2010年』の記事で、同作が人工知能を冷静に描いているところに好感を持ったと書きました。今回はあらためて、人工知能(AI)について「今すぐ対応が必要な問題点」と「全然心配いらないこ …

責任なき言論に信用はない―法律論と芸術論からみる表現の自由

ブログ開設以来毎年世に送ってきた憲法記念日のメッセージは、今回で7年目をむかえます。 この7年、ひたすら「着眼しては執筆」をくりかえし、今では私の目指す表現がだいぶ形になってきました。中でも去年はブログ記事に大きな反響が …

『グレイテスト・ショーマン』あらすじと感想―現代に響く人間賛歌

『グレイテスト・ショーマン』(原題:The Greatest Showman、マイケル・グレイシー監督、米、2017年)は、19世紀アメリカの興行師、P・T・バーナムの半生を、サーカスの華やかな歌とダンスで描いたミュージ …

トップに戻る