上野動物園のパンダまるっとガイド―名前や個性から待ち時間まで

東京・上野動物園の人気者といえば、なんといってもジャイアントパンダ。1972年に日中国交回復を記念してカンカンとランランが来園して以来、多くの人々をひきつけてきました。しばらくはパンダのいない時期が続いていたのですが、2011年に新たな2頭がやって来て以来、再び盛り上がりをみせています。

私も時々会いに行っているので、今回は私の目で見たパンダそれぞれの個性や魅力を、写真とともにお届けします。せっかくなので抽選や待ち時間のことも書いてみました。

シャンシャン成長記

2017年6月12日、上野動物園でジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれました。名前は一般公募からシャンシャン(香香)に決定。まずは上野で今を時めく大スター・シャンシャンの成長を追ってみようと思います。

抽選での一般公開開始!……そして全敗

シャンシャンの一般初公開は、2018年12月19日。誕生から約半年経ったシャンシャンの育ちは良好、母親・シンシンも健康だということで、上野動物園は時間と人数に制限をもうけた公開に踏み切りました。観覧は電話とインターネットによる事前申込制で、人数オーバーのときには抽選という方式。対象期間は同12月と翌1月の上旬・中旬・下旬の計4ブロックで、それぞれ開園後の9時45分から12時過ぎまでの時間を30分ごとに区切ってありました。観覧希望者は4期間それぞれについて1回応募でき、第1から第3希望の日時まで書くことができました。

人数オーバーのときには、という条件付きでしたが、注目度の高さからすれば全日時当然のごとく抽選になりました。もちろん私もはりきって応募。

……全部応募したのに、全部はずれましたよ。見事な全敗!

だから写真もありません。

シャンシャンの抽選には、まるで合格発表のごとく「当選発表」というのがありましてね。第1期間の当選発表は何日の18時、第2期間は……というふうにスケジュールされていて、私も毎回チェックしたものです。1回目の時はまだ余裕でしたが、2回目には「えー、うそ、また?」くらい、3回目には「これってまさか……」という具合にだんだん青くなっていき、4回目の発表ではずれと出た時には、スクリーンの前で放心しました。まさかこんなに当たらないとは。いくら応募者多数といっても1か所くらいは当たるに決まっているとタカをくくり、行く気満々でカメラを用意していたので、さすがにショックでした。というわけで、抽選制が終わるのを悶々と待つことに。

2018年2月、整理券での観覧開始でようやく

そしてついに2月1日、整理券による先着順の観覧が始まりました。公開時間も16時45分までと伸びました。(ゴールデンウィークは混雑が予想されるとのことで再び事前申込・抽選制でしたが。)

こうして2月上旬、私もとうとう対面を果たしたのでした。

パンダのシャンシャンがまるくなっているところ

対「面」といってもお顔は見えなかったんですけどね。ころんとしてます。かわいいじゃないですか!

木の上で寝ているパンダのシャンシャン

私の第一印象は、こう、「色違いのコアラだなぁ」みたいな感じでした。木と比べるとサイズ感がわかります。まだ大きいぬいぐるみくらいのサイズでした。

このころのシャンシャンは、まだまだ幼い雰囲気でした。よくあの二又の木に座っていましたね。ジャストフィットだったようです。ただ最近では体が大きくなったためか、同じポーズをしていることは格段減りました。

整理券事情

スタッフの方によると、整理券は毎日、正午前後で配布が終わってしまうということでした。

私はスムーズに入園できるよう年間パスを買っておきました。開園と同時に整理券をもらえば最初の観覧時間に入れるので、その足でパンダ舎に向かい、10時にはもう見終えるという感じでした。ただ、しだいに年間パスを持つ人が増えたようで、春には11時台集合の整理券をもらうことも出てきました。私としては、回を重ねるごとに厳しくなっていった感じです。

列や交わされる会話からは、観覧者のバックグラウンドがうかがえました。遠方から飛行機で飛んで来たパンダファン。あるいは週何日も通っている地元の親子。物静かだけれど超望遠レンズのついたカメラを首からさげ、ほかでもないパンダ柄のシャツを着てきた気合十分の人。活気がありました。

3月下旬、桜の上野公園

動物園がある上野公園は、全国屈指の桜の名所。桜の風景に求める雰囲気は人によって多少違いますが、私的にはもしかしたらベスト・オブ・ベストかもしれません。圧倒的な本数、広々した公園、伝統ある寺院の景色。私は以前、花見客のマナーが……なんていうイメージを持っていたのですが、そんなのは何十年も昔の話だったようです。

と、余談でしたが、園内にも桜が咲いているころのシャンシャンはこちら。

昼寝しているシャンシャン

顔が見えそうで……見えないっ。

シャンシャンがまっすぐ横になっている

この日もシャンシャンはおねんね中でした。毛がほわほわしていてかわいいですね。

シャンシャン成長記の後でまたくわしく話しますけど、中国からやって来たリーリー・シンシンはとても行動的なんですよ。パンダのいっつも寝ているイメージとは全然違うんです。それと比べてシャンシャンはのんびりや。定番的なパンダという感じもしましたね。

6月、もうすぐ1歳のベストショット日和

初夏の強い日差しのもと、1歳の誕生日間近のシャンシャンに会いに行きました。下を歩いているのは母親のシンシンです。成体と比べたらまだまだ小さいことがわかります。

上野動物園の母パンダシンシンと子どものシャンシャン

この日は熟睡中という感じではなくゴソゴソしていたので、これはいけるかな? と思っていると――

むくっとした!

起き上がったシャンシャン

こっち向いた!!

人間を見つめるパンダのシャンシャン

もろにカメラ目線ありがとうございます!! これが私のベストショット。頭の骨格や鼻のでっぱり具合、耳のつき方、目の周りの黒い部分と本物の目までよく見えます。

あっちも向いた。ちょっぴりとろんとしてますかね。

横を向いたシャンシャン

そしてまた、ぱたんと伏してしまいました。

伏したシャンシャンと笹の葉

日差しを受ける新緑とその木漏れ日が、なんだか神秘的。落ち着いた時間が流れていました……。

1歳を前にしたシャンシャンは顔立ちこそかなり大人びていましたが、しぐさにはまだあどけなさがありました。

この日は本当によく撮れました。どの写真も自慢です。まだごそごそしていたので、きっと私の後に並んでいた人たちも動いている姿を見られたことでしょう。

先着順の観覧に―気になる待ち時間は?

6月5日からは整理券も廃止され、単純な先着順の列になりました。同時に、オスのリーリーも自由観覧ではなく、列に並ばないと見られなくなってしまいました。気温の上昇により室内にいることが多くなるからということです。

ではどれくらい待つのかというと、実は上野動物園公式サイトに、最近の待ち時間が日ごとに時間帯・天気・気温付きで掲載されています。ページはこちら

2018年9月現在、開園時点で約1時間待ち。週末だと2時間半になる日もある。

これをどう感じるかは、シャンシャンを見たい度合いや日程の都合、年齢や体調などによるでしょう。私からすれば正直、整理券を続けたほうが、観覧者は指定時間まで一時退園も含めて拘束されないですんだのでよかった気がします。園内には他にも見どころの動物がたくさんいますし、園外に出れば広い公園を散策したり、美術館に立ち寄ったりもできましたから、無駄なくいろいろ楽しめたんですよ。しかし、一応シャンシャンを見られる来園者の絶対数は増えたようなので、なんともいえませんね……。朝のほうが混んでいるのは、人気スポットとしては意外な感じがします。

どのみち、シャンシャンを見ようと思ったらシャンシャンをメインにその日の日程を考えることになるでしょう。

私は7月、美術館からの帰りに動物園に入った時、列を横目で見ました。ただその時はとても並ぶ気になれなかった……2018年の夏は、災害レベルともいわれるほどの酷暑だったじゃないですか。シャンシャンに会いに来た人にとってはなんとかなる待ち時間でも、美術展を見て回った後に屋外で1時間も立ちんぼうはきつい。そんなこんなでその時は帰ってしまいました。

その後

最近はもう、小さめのパンダという感じです。上野パンダライブJPで休園日以外、毎日映像がライブ配信されています。

シャンシャンも行動がお母さんに似てきましたかね。最近は笹を握っている姿もよく見るようになりました。(まだほとんど食べてはいないそうです。まねだけです。)

シンシン&リーリーの強烈な個性!

シャンシャンはそんな感じですが、ではその親パンダは? あらためて、名前はシンシン(メス)とリーリー(オス)です。2011年に中国から来園しました。

今までにパンダを見たことがあるか否か。あるいは見たとしても、世界にごまんといるパンダのうち誰を見たのか。パンダにどんなイメージを持っているかは、それによるんですよ。

ジャイアントパンダの実物を見たことがなければ「おとなしくてのんびり」を想像している人が大多数だと思います。巷によくあるパンダのキャラクターがだいたいそうですからね。

私が初めてパンダを見たのは、記憶もおぼろげな幼いころの上野動物園です。名前は覚えていなかったのですが、上野動物園の歴史を調べてみたら時期的にはトントンかユウユウかリンリンだったようです。ただ、それは幼い私が興奮したとか、感動したとか、パンダ舎の前を離れなくなったとか、そういう思い出ではないんですよ。ぴくりとも動かず、寝っぱなし。そのうえ部屋の奥で横たわっているので、よく見えない。パンダは人気というけれど、子どもが見て喜ぶような感じはありませんでした。当時を知っている人が同じような思い出を語るのは、決してめずらしくありません。

……上野動物園のシンシンやリーリーを見たら、誰もが驚くと思います。私も「今度のパンダは違う!」と仰天し、大人になってから興奮しました。

なんていっても食べる食べる! ド迫力ですよ。とりわけシンシンです。

東京上野動物園パンダ母シンシン

思わず「ボス」と呼びたくなる風格……!

「きゃーかわいいっ!」なんて黄色い声がとぶ、愛くるしくてふわふわな雰囲気ではありません。

これ、決して悪い意味ではないんですよ。私は好きです。いつも元気でなによりです。たいてい、「パンダはのんびりおとなしくてふわっとしている」なんていうイメージは人間の勝手じゃないですか。シンシンという世界でたった一頭だけのパンダがここに生きているという、その実感がいいんです。人づてに流れてきた情報ではなく実物をこの目で見られるのが動物園のよさであり、また存在意義である。つくづくそう思いますね。

シャンシャンの父親・リーリーのほうはもう少しおとなしいです。ただそれでも、パンダの平均からしたら活動的なほうではないでしょうか。

リーリーの特徴は、高いところが好きなこと。しょっちゅう上っていますね。

東京上野動物園パンダ父リーリー

上って、食べています。高いところでそよ風に吹かれながらお昼寝ではなく、食べているというところでずいぶん活動的だなと思います。(てっぺんにいるときは、列に並べなかった人にも遠くからチラ見するチャンスが!)

このように、パンダは一頭一頭性格が違って個性があります。なんだかとても感慨深いですね。

写真を撮る時のアドバイス

私のおすすめはなんといっても、望遠どアップ。毛の一本一本までよく写るんですよ。望遠すると窓ガラスの反射・写り込みも気にならなくなります。どんなカメラを使うにせよ、1枚くらいはどアップに挑戦することをおすすめします。全身ではなく、顔だけでもいい味出ますよ。きっと後でニヤニヤできるでしょう。

観覧ゾーンはいくつかに分かれていて、一定人数ごとに係員が誘導します。各ゾーンでの観覧はおよそ30秒。試しに、時計の秒針を30秒間見つめてみてください。短いようでけっこうじろじろ見られる秒数です。しかし、そこに来てあたふたとカメラをがちゃつかせるひまはありません。つまり、パンダ舎に入る時点で万全の用意と心構えが必要。列に並んでいる間にカメラの設定等はすませておきましょう。

注意事項としては、フラッシュは禁止です。パンダを驚かせないようにとのことです。

あと、動いている時には高速連写機能が役立ちます。最近のデジカメだと多くに搭載されているので、準備中の方はぜひ説明書を開いて機能一覧を確認することをおすすめします。カメラ目線のシャンシャンや、シンシンが口を開けた瞬間はどうでしたか? あれも高速連写で撮った一コマです。バババババババとシャッターを切れば、すごい瞬間をとらえられるかも!

おわりに

私の写真の数々はいかがだったでしょうか。シャンシャンとシンシン・リーリーのよさが伝わっていればいいなと思います。

これから見に行くという人は、たっぷり期待していてほしいですね。

関連記事・リンク

Ueno Panda Live.jp – 動物園の開園時間中、シャンシャン・シンシン・リーリーのライブ映像が配信されています。都合がつかない方もシャンシャンを見られる! つい見入ってしまうので、お仕事や勉強をすっぽらかさないよう注意。

上野動物園公式サイト 最近のジャイアントパンダ観覧待ち時間 – これから出かける方はこちらを参考にどうぞ。詳しく具体的な観覧方法も載っています。上野動物園公式Twitterにも最新の待ち時間が掲載されることがあります。

著者プロフィールTwitterではブログ更新のお知らせや写真の投稿もしていますので、フォローよろしくお願いします。

初心者の一眼レフカメラおすすめポイントとは? – パンダに会うなら、カメラは重要。一眼カメラでできることを、実際に撮れる写真とともにまとめました。シャンシャン、シンシン、リーリーを撮った私のカメラも紹介しています。

この記事は観覧方法の変更や撮りおろし写真の追加などにともない、アップデートされることがあります。