日夏梢の自由研究へようこそ!

こんにちは。作家の日夏梢(ひなつこずえ)です。ブログ「日夏梢の自由研究」へようこそ!

活動紹介

小説作品

芸術的創作の中心は小説です。作品『ポリゴンの裂け目』はポプラ社小説新人賞候補作。伝えたいこと、共有したい思いを、小説という形に構築しています。人間らしく生きにくい、問題山積みの社会への分析と挑戦です。それと並行して、個々人の心の動き、葛藤や希望を、実感に沿って描いています。小難しくはしません。文学青年風のじめじめ感にもノーを。中高校生を主人公にフレッシュな視点で、私自身も楽しみながら書いています。明るさと遊び心が、アートという方法ならではの良さだと思うから。

目標は、ペンの力で社会を変えること。この生きにくい社会を変えるのは、一人一人の心からだと考えています。

ブログ

法律や社会問題から、アート、IT、あるいは映画やゲームといったポップカルチャーまで、幅の広い言論活動を展開しています。

世に知られるべきなのに広まっていないことは、古今東西多々あります。ひとたび聞けば世界が変わる知識。ふれる機会にとぼしいだけで、本当は役立つ情報。「むずかしそう」と敬遠されがちな、社会・国家の動きに関すること。また、我々には、手遅れになる前に”いま”をいますぐ論じるべきときもあります。近年私がもっとも注目しているのは、世界を荒らしまわるポピュリズムの潮流です。

さらには現代特有の事情も。インターネットやAI(人工知能)をはじめ、コンピューター関連の技術はめまぐるしく発展しています。新しい輝かしい可能性が広がる一方、私から見て「これは知っておかないと危ない」と世に言いたい事実はすでに出てきています。

すべて正しい知識は、広く共有されるべきだと考えます。

あとは娯楽に関する記事もとりそろえました。一度きりの人生、息抜きや楽しみだって大切な一部なんですから。

音楽作品

小説のほか、趣味で作詞・作曲・アコースティックギターの弾き語りをしています。

こちらは本当に趣味の完全アマチュア主義なので、のーんびり、マイペースで、つまりいいかげんに展開中。けど、だからこそいい! そんな活動を当ブログで続けています。実は創作活動の原点はこっちだったりします。作品一覧はこちら

その他のアート表現

たとえば、Twitterでは写真の投稿をしています。

アートとは表現です。思いついたらどんな表現方法でも積極的に挑戦しています。当ブログは言論のみならず、アーティストとしての試みの場にもしていて、ひとつの世界を終わりなくつくり続けています。

ブログの総合案内

メニューが目次の役割をしていますので(パソコンではサイドバー、モバイル端末の方は一番上の三本線)、目を通してみてください。私が取り扱っているテーマがリストされています。

日夏梢プロフィール – 事務的なプロフィールのあとに、くわしい自己紹介も書いています。Twitterもやっています。ブログ更新のお知らせや写真の投稿などをしていますので、お気軽にフォローしてください。

音楽作品一覧 – 私のアート作品を読みたい方は、こちらで歌詞を発表しています。とりあえず一曲なら『風の言葉』あたりをどうぞ。(YouTubeもありますが、なにせのんびりなものでまだ何もアップロードされていません……それでも気長に待つよという方はチャンネル登録しておいてください。)

時代への提言・アートへの提言

時代への提言:いま言いたいこと、いま注目してほしいこと、いますべての人に知れ渡るべきこと、そんな”いま”への提言を数多く書いてきました。

文学への提言:読む人、書く人、出版業界、そして社会へ、文学・言論の在り方・考え方を提案してきました。

”アーティストシップ”:アーティストであることの本質的な意味や創作姿勢、職業倫理について「アーティストシップ」という概念を提唱し、くりかえし発信してきました。

記事の重さ別案内

ゆるゆるリラックスタイム:お楽しみ用の記事を集めたページです。映画のことなら「映画」タグを、ゲームは「ゲーム」タグを、新しい趣味をお探しの方は「ビギナーズガイド」をどうぞ。

深刻な記事一覧:真剣に考えている人向けの記事一覧です。人命にかかわること、人権問題、社会の持続可能性など、深刻なテーマに取り組んでいます。

難易度別ナビ

イージー:基礎の基礎からしっかり解説。法律や社会問題など一見むずかしそうなテーマでも、身近な例やたとえをふんだんに、わかりやすさ・読みやすさを大事にしてあります。ゼロからはじめて一からわかる――そういう記事のラインナップです。

ノーマル:ふつう。標準。一般向け。本屋さんとか新聞のイメージです。

ハード:専門的な内容、または踏み込んだ内容を含む記事は、こちらにまとめてあります。


それではブログ『日夏梢の自由研究』をどうぞお楽しみください!