ハリー王子とメーガン妃の現在と今後―英王室の「失言」に思うこと

王制の伝統で世界に知られるイギリス。ところが2020年、その英王室で歴史的な出来事がありました。ハリー王子・メーガン妃夫妻が王室から離脱したのです。

事件は世界に報じられたので読者の耳にも入っているかと思いますが、衝撃の決断に至った経緯は……苦々しいんですよね。いろいろ思うところがあったので、今回はハリー王子とメーガン妃の王室離脱についてつづっていきたいと思います。

ハリー王子のこれまで

まず最初に、ハリー王子の生まれや経歴、そしてメーガン妃との結婚から王室離脱に至るまでの概略をまとめます。

ハリー王子の生い立ち

ハリー王子は1984年生まれ、英王室チャールズ皇太子と故・ダイアナ妃の第二子です。正式には「サセックス公爵ヘンリー王子」。英語での愛称で、一般には「ハリー王子」と呼ばれています。

本稿に登場する英王室の主なメンバー(2021年現在)。

ハリー王子の王位継承順位は第6位(2021年6月現在)。現女王・エリザベス二世の死後は王位継承第1位である父・チャールズ皇太子が国王となる見通しで、その次は兄・ウィリアム王子、3~5位はウィリアム王子の3人の子が出生順にジョージ王子、シャルロット王女、ルイ王子と続きます。

したがって、このまま王族の身に不測の事態がない限りは、王位は「エリザベス女王→チャールズ皇太子→ウィリアム王子」と下りていくはずです。

母・ダイアナ妃を亡くしたショックを打ち明けた革新性

気さくな人柄で、とりわけ若い世代に人気があるというハリー王子。ですが若いころは「ダーティー・ハリー」なんて呼ばれるほど物議をかもすことの多い人物だったんですよね。

十代にしてアルコール依存症になり、アルコールのみならず薬物に手を出した経験も。また、仮装パーティーにナチスの制服姿で出席してイギリス本国のみならず国際的に批判されたこともあります。

このように若いころのハリー王子には奇異な行動が多く、世を騒然とさせるとともに「あの王子は大丈夫なのか」と心配の声もあがってくる、そんな人物だったのです。

ところが大人になり、ハリー王子は固く閉ざしていた口を開きます。母・ダイアナ妃を突如失ったショックを初めて公に語ったのです。

あとでじっくり述べますが、ダイアナ妃は英王室を語るなら絶対に外せない、強いインパクトを残した人物です。国民に絶大な人気を誇り、BBCの番組で王室の闇を白日の下にさらしたのはイギリスで「20世紀最大のインタビュー」と呼ばれています。王室生活でのストレスから精神疾患を患い、チャールズ皇太子とは離婚、その後1997年にパリで自動車事故により他界。悲劇のプリンセスとして世界の話題をさらい、また同時に「ダイアナは暗殺されたのだ」「いや、死を偽装して今はどこかでひっそり幸せに暮らしているのだ」といった数々の陰謀論――SNSを通じて「トランプ氏は政財界の悪人と秘密の戦争を繰り広げている英雄だ」などという陰謀論が爆発的に広まり世界各国を荒らすいまとなってはじつに素朴な陰謀論――の主人公ともなりました。

たしかに事故当時の映像を見ると、まだ12歳だったハリー王子は表情が硬直していて、ただでないショック状態だとうかがえるんですよね。彼は過去を「完全な混乱状態」「神経衰弱」だったと振り返り、カウンセリングを受け自分の気持ちを話せたことで変わることができた、と語っています。長い間心を閉ざしてひとり苦しんでいたことが分かり、奇異な行動も納得というようなあたたかな空気がありました。

ハリー王子の言動には、「英王室の枠にとらわれず、一般人と同じように人の感情を理解できる大人になってほしい」と願っていた亡き母・ダイアナ妃への意識がみられるといわれます。自らの悲しみや苦しみを打ち明けたのもそうで、たとえば英王室のお膝元・BBCの王室担当記者は「感情を表に出さないという王室の価値観に、かつて打撃を与えたのは、ダイアナ元妃その人だった」と親子を重ね合わせ、「ハリー王子ほど高名な人が自分自身の精神的な苦しみについてこれほど語るのは、英国では初めてだ」と感慨をもった伝え方をしています。

メーガン妃はどんな人?―「変化の象徴」としての期待

そうして精神的に立ち直ったころ、ハリー王子は驚きの婚約を発表します。

相手はメーガン・マークル。1981年生まれのアメリカ人女優です。

(©Inkdrop/123RF.COM)

重要なポイントは彼女のバックグラウンドです。父親は白人ですが、母親はアフリカ系アメリカ人。こうした両親の間に生まれたメーガンは、アフリカ系を含め、人種的・文化的に多様なバックグラウンドをもっているのです。

つまり、メーガンがハリー王子と結婚するということは、イギリス王室に初めてアフリカ系のルーツをもつ王族が誕生することを意味します。

植民地帝国時代を由来としてアフリカ系、アジア系など多様な人が暮らしているイギリスでは、「変化の象徴」などとしてメーガン妃に高い期待がありました。またメーガン妃の出身地・アメリカでも、トランプ政権下での人種差別反対運動などとあいまって「進歩の象徴」だと喜びの声があがっていました。

歴史的な王室離脱

このようにそれぞれ英王室の変化を象徴するハリー王子とメーガン妃は2018年に晴れて結婚。翌2019年には第一子・アーチーが誕生します。二人は公務において現代的な立ち振る舞いをするなど独自性を発揮しながら、順調に結婚生活を送っているかのようでした。

ところが2020年1月8日、ハリー王子とメーガン妃は「英王室の主要メンバーとしての役割から距離を置いて経済的に自立する」と自身のInstagramで発表します。

After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution. We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family, and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen.(以下略)

出典:サセックス公爵夫妻公式サイト

このように夫妻は「家族で話し合ってきた」としているのですが、英メディアはエリザベス女王およびチャールズ皇太子に事前の相談はなかったと報じ、王室側も当初は「失望している」と声明を出しました。(ハリー王子は翌年のインタビューで反論し、「不意打ち説」を否定しています。)

しかしその後、王室はエリザベス女王のコメントとして、「二人が激しい注目を浴びることで大変な思いをしてきた」と理解を示したうえで「より独立した生活をしたいという二人の希望をサポートする」と夫妻の背中を押す姿勢をみせました。

英王室は「ハリー王子夫妻は2020年3月31日を以て王室の公務から引退する」と発表。

王室からの分離はさらに進みます。翌2021年には、夫妻は「殿下」の敬称を返上し、公的資金の受け取りもやめることになりました。ハリー王子夫妻は今後王室公務に復帰することはないと女王に申し出、軍での名誉称号やパトロンの仕事からも退くことになりました。

メーガン妃への人種差別を告発した爆弾インタビュー!

なぜ二人は王室離脱を決断するに至ったのでしょうか? 2021年、メーガン妃とハリー王子はアメリカでCBSの番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演し、その背景について爆弾発言を次々放ちます。

番組インタビューで、メーガン妃は「王室メンバーの一人が人種差別的な発言をした」と告発。妊娠中に「生まれてくる子の肌の色はどれくらい濃くなるのか」と「懸念」を表した、というのです。(夫妻はそれが具体的に誰なのかは明かしませんでしたが、インタビュアーのウィンフリーはエリザベス女王およびその夫・フィリップ殿下ではないとしています。)

この人種差別発言に限らず、メーガン妃は王室内および英メディアにより敵対的に扱われていたと訴えました。

  • 英メディアは結婚式前日にフラワーガールのドレスのことでメーガンがキャサリン妃(ウィリアム王子の妻)を泣かせたと報じたが、実際には逆で、メーガンがキャサリン妃に泣かされた
  • 生まれてくる子に警護が与えられないという話があった
  • 生まれてくる子に称号が与えられないという話があった(注:英王室メンバーは、ハリー王子の「サセックス公」のようにみな称号が与えられている)

さらにCBSが追って公開した動画で、ハリー王子はウィンフリーの「あなたは人種差別のために国を離れたのですか?」と質問に「それが大きいです」と答えています。

メーガン妃は精神的に追い詰められ、「もう生きていたくない」と自殺を念慮したと語りました。夫のハリー王子はメディアで、メーガン妃が亡き母・ダイアナと同じ道をたどるのではないかと危惧したと繰り返しています。祖母・エリザベス女王とは「非常に良い関係」が続いているものの、父・チャールズ皇太子や兄・ウィリアム王子との間には何らかの衝突があったことをほのめかしました。

CBS参考リンク:Harry and Meghan detail royal struggles, from discussions of baby’s skin tone to suicidal thoughts

かえってしらけた英王室の反応声明

BBCの王室担当記者は、ハリー王子・メーガン妃による人種差別告発は英王室にとって「ボディーブロー」だったとその厳しさを指摘しています。英王室内で人種差別があったとなれば印象は非常に悪く、イギリスではかねてより続いている王政廃止論が再燃するのではともいわれています。

ボディーブローをまともにくらった英王室はしばらく立ち上がれなかったのですが、翌3月9日、とうとう沈黙を破って声明を発表します。

声明は「ハリーとメーガンにとって過去数年がどれほど困難だったかを知り、家族はみな悲しんでいます」と始まり、続いて人種をめぐる問題への懸念を示したうえで、「記憶と違う点はあるかもしれませんが、深刻に受け止め、家族内で対処していきます」と述べ、最後に「ハリー、メーガン、アーチーはずっと愛する家族の一員です」と結ばれていました。

全体としては、ハリー王子夫妻に同情して深刻に受け止めるようなトーン。ですが、公文書には公文書の読み方というものがあります。

ひっかかるのは「記憶と違う点はあるかもしれませんが」という箇所。やんわり「差別ではなかった」と夫妻に反論したと読めるんですよね。

「生まれてくる子の肌の色はどれくらい濃くなるのか」と「懸念」した、との告発に対する声明が「あれは人種差別ではない」ではガックリというか、かえってしらけます。英王室は、人種差別をめぐる人権意識の低さを露呈してしまいました。

ハリー王子・メーガン妃の現在と今後

王室離脱発表後、ハリー王子とメーガン妃はイギリスとカナダを行き来しながら生活していました。自身のSNSにはカナダのバンクーバー島で暮らしていた様子を投稿しています。

そして2020年3月に二人はメーガンの出身地でもあるアメリカ、カリフォルニア州のロサンゼルスに移住し、現在もそこで暮らしているようです。2021年6月には、カリフォルニア州のサンタ・バーバラ・コテージ病院で第二子・リリベット(リリー)ちゃんが誕生しています。アーキウェル財団公式サイトでの発表によれば、リリーの名は曾祖母であるエリザベス女王のニックネームから、ミドルネームのダイアナは故・ダイアナ妃にちなんでつけられたということです。

王室離脱発表当初から、ハリー王子夫妻が実際に経済的自立を果たせるのかには疑問視する見方がありました。

これについては、ハリー王子には故・ダイアナ妃から相続した財産が、メーガン妃には女優として稼いだ財産があります。王室離脱を発表した際にはメーガンが再び(女優として)働く可能性を示唆しており、現在二人は夫妻で設立した慈善団体・アーキウェル財団などで活動しています

とくに問題になっているのが、王室を離れたとはいえ依然必要な警護費です。王室離脱以前、ハリー王子の収入の9割以上は王家の所有財産によっていましたが、同インタビューでは王族から経済的援助を文字通り打ち切られたと話しています。ハリー王子はNetflixおよびSpotifyと契約を結んだことについて、家族の警護費を賄うためだとしています。

王室離脱は計画的ではなかった分先の計画がないと指摘されており、ハリー王子・メーガン妃夫妻の今後は手探りだといえるでしょう。

メーガン妃に対する英王室「失言」に思うこと

イギリスは、かつての植民地帝国。バッキンガム宮殿で黄金に輝くヴィクトリア女王記念像の足元には、アフリカをはじめ世界各地の人々と文化を「下」につけた暗い歴史が横たわっています。

そこにもってきて、みなが等しく自由を保障され、民主主義が当たり前になった今日の世界でなお王制と階級制が深く根を下ろしているのだから、イギリスはいまとなっては遠回しに言って「特殊性のある国」といったところでしょうか。

そんな複雑な歴史と現在の牙城たる英王室に初めてアフリカ系のルーツを持つ人が加わったのは画期的でした。ところが「変化の象徴」「進歩の象徴」と期待されたのもつかの間、メーガン妃がアフリカ系ルーツを理由に差別を受け、その王室から離脱したというのだから、期待メーターがゼロを突き破り失望に振れるのは当然の成り行きでしょう。遠く離れた日本でカップを片手に、私の心には濃く入れすぎた秋摘み紅茶よりもさらに苦く渋い後味が残ったものでした。

ここからは、英王室のメーガン妃に対する「失言」についていろいろ思うことがあったのを、順々につづっていきたいと思います。

「昭和のジョークは笑えない」現象がイギリスでも……

メーガン妃・ハリー王子夫妻の人種差別告発が世界に衝撃を放った2021年2月、日本でもある失言事件が世を騒然とさせていました。森・東京五輪組織委員会会長(当時)の失言および辞任です。私は同事件を別件のなかで、より大きな視点でとらえたので、よろしければ以下をご覧ください。

リンク:昭和のジョークは笑えない(「『千と千尋の神隠し』考察と論評―両親、坊、湯屋が表象した戦後日本」より)

いくつもの海を越えたイギリス王室の「失言」に、私は妙なシンパシーを感じたんですよ。「いまを一体何時代だと思ってるんですか」といぶかしくなる、おそろしく固陋な差別意識。それに重ねて、社会から一斉に批判された本人の「なんで怒られなきゃいけないの?」と言わんばかりなすっぽぬけた態度。日本から遠く離れた国で、時同じく似たようなことが起こっているな、と。

2021年現在の高齢世代、また古い組織にとっての「当たり前」が、時代から取り残され、世間から浮き上がり、大問題を巻き起こす――メーガン妃への人種差別発言は、「昭和のジョークは笑えない」のイギリス版とでも言いましょうか。

机に世界史の年表を広げてみましょう。これを書いている現在は2021年。私たちから見て100年前、つまり1921年の世界というのはもう何もかもが違う別世界なんですよね。

英王室でいえば、エリザベス女王は1926年生まれ。このころ世界の潮目は「帝国主義は後ろめたいものだ」という向きに変わってきてはいましたが、当のイギリスはまだまだ植民地帝国です。世界地図に、植民地というものが普通に存在していた。先住民に対する同化政策が「よいこと」として行われていた。今日だったら人々が激怒する人種差別は、差別だと認識すらされていなかった。その後、凄惨の限りを尽くした第二次世界大戦を経て世界は激動をむかえます。アフリカ諸国の一斉独立は1960年で、この時エリザベス女王は34歳。人種差別反対運動も年々盛んになり、それまで平然と言ったり行われたりしてきたことが差別=悪いこととして認識されるよう社会は塗り替わっていきます。多様な文化を尊重すべきだという考えは爆発的に広まり、今日ではすっかり根を下ろした感があります。

世界はかくもドラスティックに変わったのに、高齢世代や古い組織の関係者にはそれについていけない層が出ている――それは2021年現在の世界の世相なのでしょう。

時代とともに変わる人権意識のスタンダード

人間の解放は、古来より人の切なる願いでした。人間らしく生きるための模索、社会改善運動は、今日もなお続いています。

加えて、科学分野の研究はここ数百年で目覚ましく発展しました。たとえば100年前の医術なんていったら今ではもうヤブ医療ですよね。

こうした社会運動や科学の発展の結果として、人々の人権意識は移り変わっていくものです。

たとえば1988年生まれの私は、大学に入って初めてLGBTQ+の存在を知ったものでした。それがどうでしょう、いまや小学生でもみな知っている。発達障害なんかもそうです。芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』をはじめ近年好んでフィクションの題材とされている発達障害ですが、これも私が子どものころにはなかった概念なんですよね。

では逆に、筆者が育った時代とその前と比較したらどうでしょう? 私が子どものころには、教員による体罰は絶対的禁止事項でした。もしそんなことがあれば、校長が青筋立てて教室にとんでくる。手を上げた先生はほぼクビ決定。しかしその数十年前、1960~70年代あたりでは、学校で体罰は日常的に行われていたじゃないですか。

このように、100年、20年、いやたったの10年で、世の風景はがらりと変わるのです。

古くさい失言事件を横目に見るたび思うんですよ。「ああはなりたくないなァ」と。あんなみじめなことになりたくなければ、時代にはついていかなければならないんだ、と。

人間らしく生きることは、古来より人の切なる願いです。100年、20年、いやたったの10年で、世界はなぜ変わったのでしょうか。なぜ声があがったのか。……そう願う人がいたからじゃないですか。より暮らしやすい社会はめぐりめぐって自分のためにもなるんだから勉強は続けようよ、と。

社会をどうすべきかという意識と、新しい物事をオープンに受け入れる柔軟さ。学校を卒業してもいくつになっても、心は柔軟であり続けたいものです。

ダイアナ妃にさかのぼる英王室の矛盾

自殺まで考えたというメーガン妃の衝撃告白。

しかし、王室のかかえる矛盾はなにも今に始まったことではありません。いみじくもハリー王子が直接言及した通り、1980~90年代には故・ダイアナ妃も「王室」や「プリンセス」の華々しいイメージの裏でもがき苦しんでいたことが明らかになっています。

ハリー王子・メーガン妃より一世代前、ダイアナ妃の精神疾患やBBCの人気番組「パノラマ」での暴露は話の前段として語るに外せないので、概略を紹介していきたいと思います。

作られた「おとぎ話」の悲惨な舞台裏

ダイアナとチャールズ皇太子の結婚では、あるフレーズが執拗にくり返されました。それは「おとぎ話」。「王子様との結婚」という「おとぎ話」と「幸せのイメージ」は検証されることないまま定着し、英国民はわき立っていました。

1981年7月、街頭を埋め尽くす国民に祝意の旗を振られながら、二人はセント・ポール大聖堂で夢のような結婚式を挙げます。しかし、メルヘンチックな祝賀ムードにはちゃーんと裏がありました。

サッチャー政権の経済政策により、当時イギリスでは多くの企業が倒産。町には失業者があふれていました。ダイアナとチャールズ皇太子の「おとぎ話」は、国民の不満をそらすための政治イベントとして利用されたのです。……こっちこそありそうな「お話」ですよね。

パパラッチがダイアナを追いかけ始めた時、二人はまだ交際といえるようなことをしていませんでした。また二人が性格的に合わないことも、チャールズ皇太子がダイアナを愛していないことも、幕の裏でははっきりしていました。にもかかわらず英メディアは総出で「おとぎ話」を疑わず、イギリス大衆の感情は燃え上がり、町には無数の関連グッズが売られていた。

ダイアナ妃はのちに「パノラマ」での歴史的インタビューで、なぜ自分があれほど関心を集めたのか時を経て理解できた、金になるからだ、と告発しました。

BBC公式サイトによる「パノラマ」インタビュー全文スクリプト(下線は筆者)。

このように、ダイアナ妃は同インタビューで、メディアの過熱報道が精神的負担としてのしかかったことに再三言及しています。王室や英メディアをめぐる問題は、この時点ですでに萌芽していたといえるでしょう。

英王室の「公然の秘密」―構造化された「生まれ」による判断

ダイアナとの「おとぎ話/政治イベント」以前に、チャールズ皇太子には何度か交際経験がありました。その上当時、彼の心にはカミラという真の想い人がいたんですよ。

ところがダイアナが現れたとたん英メディアは沸騰し、結婚へと一気になだれ込みます。他の女性ではなかった熱気とスピードで……。

なぜダイアナだけ特別だったのでしょうか?

「よそ行き」な報道ではぼかされていますが、その理由は当時かられっきとしてささやかれていました。ダイアナは、名門貴族・スペンサー家の令嬢です。つまり、家柄が将来の国王妃にふさわしかった。他方のカミラは表向き「男性関係が多いのが王室にふさわしくない」などとされていますが、王室の本音では家柄が問題だった。それで別の男性とくっつけられ別れさせられたのだ、と。

英王室は、不平等が構造化された世界です。階級制では家柄に上下のランク付けがあり、また王室内部では、生まれ順によって人に順位が付けられている。英王室にとって、人を「生まれ」によって判断することは、さすがに公言はできなくなったかもしれませんがごく当たり前な「公然の秘密」なんですよね。

21世紀の世界にぽっかり浮かんだ孤島のような世界に、建国当初から自由と平等と民主主義を国是とする国で生まれ育った、人種的・文化的に多様なハリウッド女優が加わった。そこで人種差別発言があったと言われても、正直あっとびっくりというわけではありませんでした。ガッカリ感に、意外性はなかった。

同じ「近代」といっても、ピューリタン革命の時代と現在では社会状況はまったく異なるんですよね。前近代と地続きだったころとは違い、現代では自由と平等と民主主義は世界中で当たり前。ハリー王子・メーガン妃の王室離脱と、それに先立つダイアナ妃・チャールズ皇太子の幕切れには、新年が明けるたびに世界から浮いていく英王室の姿があらわになっていると思います。

メーガン妃と共通する、鳥かご生活での精神疾患

話せば長くなるのですが、複雑な事情から筆者にはうつ病の経験があります。当時のネット仲間には、リスカ(自傷行為)が常習化して涙にむせんでいるような人もいました。日本の皇室でも、雅子妃(当時)の長期にわたる精神的苦しみはよく知られています。

それがダイアナ妃も精神疾患に苦しんでいたとは……。私は最近になって初めて知って驚きました。

「パノラマ」の同インタビューで、ダイアナ妃は産後うつに苦しみ、自分の手足を傷つける自傷行為をしていたと告白。また、長年過食症に苦しんでいたことも赤裸々に語りました。

……「なんでそんなことに?」なんて尋ねるのは野暮ですよね。幼稚園で働いていた若い人が、突然メディアに追いまわされた。現代的な趣味の若い人が「王家」に入った。作られた「おとぎ話」を演じた舞台裏の愛のない結婚。王室存続のため、何が何でも男の子(注:当時のイギリス王位継承は男子優先)が生まれなければならないプレッシャー。誰から見たって原因は明らかじゃないですか。

詳細はダイアナ日自身が同インタビューで語っています。自分の役割や国民の期待に応えなければならないプレッシャーがのしかかっていたとくり返した後、当時の生活には余裕がなく、結婚によって生活や役割すべてが変わり困難があったが、産後うつになった人を見たことがなかった王室は理解せず、「ダイアナは精神不安定だ」と「問題児」のように扱われ、「誰も聞いてくれない」との思いから自傷行為が始まった、と。過食症については結婚式前に激やせしたりと結婚前からその兆候があったといわれていますが、本人も結婚に原因があった旨を認めていて、インタビュアーから原因を問われたのに対し、人々を失望させないよう夫と行動していた一方で家庭内では問題をかかえていた、としています。

健康な人だったら、抑うつによって朝起き上がれないことはないし、自分の手足を傷つけるはずがないし、大量の食べ物を食べては吐くなんていうトンデモ行動をするはずがありません。精神疾患を患う原因は人それぞれですが、みな事情をかかえています。では故・ダイアナ妃の場合はというと、その「事情」は王室・皇太子妃としての立場と役割なんですよね。健康な若い人がうつと自傷行為と過食症に追い込まれる、その原因となる王室……ビターです。

時は変わって2021年、「オプラ・ウィンフリー・ショー」のインタビューで、メーガン妃は王室での不自由な生活で「もう生きていたくなかった」と自殺を考えていたことを告白しました。

くり返しますが、同じ「近代」といっても、身分制時代と地続きだった時代は年々過去の彼方へ遠ざかり、王室は世間からどんどん浮いていっています。

現代の一般社会で人権保障されてきた一般人に王室の「鳥かご」生活を始めろと言ったところで無理がある。無理なものは無理である。故・ダイアナ妃とメーガン妃の深刻な精神疾患は、近代においてむき出しになった王制の残酷さの表れだと思います。

王室内部から芽吹いた近代人・ハリー王子

現代の一般社会で育ち、自分の意思で女優の道を選んだメーガンが鳥かごのような前近代社会で極度のストレスにさらされたのは、苦いながら納得はできます。そうなっても不思議でない、と。

私の注意をより引いたのは、むしろハリー王子のほうなんですよね。

ハリー王子は同インタビューで、メーガンとの関係によって、自分は生まれた組織(原文:Institution)にとらわれていたのだと目が覚めた、と話しています。

王室生まれの人がこれを口にしたという時点で十分衝撃的ですが、話はここで終わりません。ハリー王子は「父と兄はとらわれの身で、離れることができない」そして「そのことを哀れに思う」とまで言い切ったのです。

「王室の人はとらわれの身でかわいそうだ」――現代人ならうなずける感覚ではないでしょうか。お城や衣服は華やかですが、王室の人には自由がありません。現代人はそのことに気づいています。彼らは生まれた時から王政システムのために存在している駒のようなもの。まだ何も分からない幼児のころからフラッシュを浴びせられ、将来の仕事は生まれに従って「国王」か「王族の役目」で決定、死ぬまでその激務に縛り付けられ、結婚や生き方は事実上選べない。今日の人にとってはうらやましくもなんともない、残酷でかわいそうなことです。王室内部で生まれ育ったハリー王子がそれに気づいたのは画期的ではないでしょうか。

「現代に取り残された中世」たる王室は、いまや王室で生まれ育った王子にさえ耐え難いものとなったことが露呈されたと私はみています。

近代の萌芽は父・チャールズ皇太子にあり!

王室に生まれた者ですら王室の不自由に耐えられない――これもじつは、ハリー王子より一世代前ですでに萌芽しているんですよね。

古めかしい人だといわれるチャールズ皇太子ですけど、私は個人的に、彼は英王室にとって革命的な人物だと注目しています。

故・ダイアナ妃の友人である占星術師、ペニー・ソーントンによれば、「おとぎ話ウェディング」の前夜、チャールズ皇太子はダイアナに直接「愛していない」と告げたそうです。これでもかというほど悲惨な「おとぎ話/政治イベント」の幕の裏。結婚式前夜に「愛してません」が残酷なのは言うまでもなく、ダイアナは「もう式には出たくない」と姉らにこぼしていたというのですが、じつはチャールズ皇太子の側も苦悩に苦悩を重ねていてたことが明らかになっているんですよ。

当時のチャールズ皇太子にはダイアナとの結婚を「国の任務」のようにとらえている節がみられるのですが、その一方で、自分個人の意思との間で葛藤していることを友人への手紙につづっています。

そんな自分の意志や希望を心の底に押さえつけ、チャールズ皇太子は名門貴族の令嬢と結婚。ただ本当の想い人・カミラのことは忘れられず、関係はずっと続いていました。ダイアナのほうもまた、何人かの男性と浮気をしています。ふり返れば前近代、貴族社会において浮気というのはこれまた「公然の秘密」で、社交界の一部となっていたんですよね。みな家柄のために結婚しているので夫婦関係が破綻しているのは当たり前、夫も妻も本当に好きな相手と浮気している。この文脈を念頭に置けば、チャールズ皇太子の二重生活は中世貴族社会の延長線上にあるととらえることが可能でしょう。

ただ、その後はしだいに中世と話が変わってきます。「国の任務」で結婚した名門貴族の令嬢とは、結局離婚。

そしてダイアナの死後、2005年にチャールズ皇太子は真の想い人・カミラとついに結婚するのです。二人が最初に出会ったのは1970年。35年の時を経て、二人はとうとう結ばれたのでした。

なんでチャールズ皇太子はそんなにまでしてカミラにこだわるのでしょうか? 彼自身はイギリスで最も裕福な家の継承者で、一方のカミラは家柄不足、その他の部分もごく普通。結婚したところで得はなく、むしろただでさえ不人気なチャールズ皇太子が国民のさらなる不興を買うのはまちがいなしだったので、彼の周りの王室職員は慎重に慎重を期して大変だったとか。

チャールズ皇太子(前列中央)とカミラ夫人(同左)。(2012年カナダ訪問時。 ©Jamie Roach/123RF.COM )

理由は「愛」以外にないんですよ。チャールズ皇太子はカミラのことを「人生の中心」だと公言していて、本当にカミラその人のことが好きで好きでしかたないらしいんですよね。国民から集中砲火を浴びせられようが自分はカミラを選ぶ! ……ここまでいけば、あっぱれな「おとぎ話」です。

若いころは中世的な生き方を無理やり飲み込んだものの、最終的には自分の意志、自分の希望を選んだチャールズ皇太子。

彼は人生の途中で自らの生き方を中世から近代に切り替えたのだ、ととらえることができるのではないでしょうか。私は、ハリー王子の一代前、チャールズ皇太子の世代ですでに、王室の内部からも近代は萌芽していたのだとみています。

「王室の近代化」という難題

英メディアを掘っていくと、「ハリー王子とメーガン妃の王室離脱は王室の近代化がまだ不十分な表れだ」という見方が随所にみられます。

ただ私は、この見方を素直にはのみ込めませんでした。「王室の近代化」ということそのものが自己矛盾ではないのか?

王制というシステムは前近代そのものです。人間が生まれながらに、生まれに従った義務を負う。社会において生まれながらに特別な存在で、王室内でも王になるかならないか、人に順位がつけられている。なぜその人はそのような人生を送らなければならないのか、と尋ねられたら「王室の第一子だからだ」しか答えようがない。これでは説明になっていません。合理的でないのです。

前近代がビルト・インされた王制というシステムをどうやって近代化するというのか。かがんで子どもたちと握手すれば近代? 女王がTwitterを始めれば近代? そりゃあ国民とフレンドリーにふれあえばリアル身分制の時代と比べれば近代的でしょうけど……。表面の薄皮じゃないですか。根源的な矛盾がある以上、はっきりとした答えは出しようがないでしょう。

人類史における「21世紀現在」に思うこと

陰謀説では「あいつがダイアナを殺したんだ」などと指さされるチャールズ皇太子ですが、英王室で不人気というと、私の頭にはずっと昔の国王が思い浮かんできました。

16世紀の国王、ヘンリ8世。彼は王妃との離婚を認めなかったとブチ切れてローマ・カトリック教会から離脱、自らが英国国教会の首長となったことで有名です。

有名といってもヘンリ8世がとどろかせるのは悪名で、日本でいえば平清盛のようなふてぶてしいキャラではありますが、他方で彼は中世的な権力とたもとを分かち、近代への一歩を踏み出した人物でもあります。

そんなヘンリ8世と同じ時代、日本を制していたのは戦国の覇者・織田信長。彼もまた比叡山延暦寺や石山本願寺を焼き討ちにしたり、身分にとらわれず能力主義で家臣を登用したりと、中世の秩序を打ち破った人物として有名です。

運命的というかなんというか、洋の東西を隔て、つながりのない遠い世界で人類は同じように歩を進め、歴史を展開してきました。

王制・身分制のかかえる初期的な無理矛盾

中世までは当たり前だったといえ、あらためて考えてみれば、王制・身分制は最初から無理のある制度です。

家柄に人工的に上下をつけたはいいけれど、上の者同士でしか結婚できないならいずれ選択肢は狭まります。だからといって下の者を受け入れれば、「最高位」たる王族のアイデンティティがゆらぐことになる。また、王制システムは存続するために子どもを必要としますが、世の因果はそんなに単純ではありません。たとえ「とらわれの身」たる王族の人々の人権を否定して男女での結婚を強いたところで、現実に王制システムが想定する通り子どもが生まれ続けるとは限らない。では継続不能となったときにはどうするのか? 王制をつくった近代以前の人々は、その答えを用意していません。

王家=統治者が次々滅んで入れ替わっていた中世まではあまり表面化しなかっただけで、王制・身分制には無理矛盾が初期的に内在しているといえるでしょう。それが近代になり、王家が国家の統治者でなくなったことで、ならば王家とは何なのか、そのアイデンティティは曖昧になりました。

世界で王室のある国といっても制度は国により異なりますが、近年は世界各地で困難に直面するケースが目立ってきています。タイでは今年、若い世代がタブーを破って王室批判デモを行いました。ここ日本では皇位継承について議論があるもののこう着状態、高齢により公務が難しくなったとの理由で歴史的な天皇退位があり、秋篠宮家の結婚問題はメディアをにぎわせて久しくなります。

王制・身分制に内在する初期的な無理矛盾が近代社会において露呈され、あちらこちらから噴出している――私たちが生きている「いま、ここ」を「人類史」という壮大な視点で見るならば、21世紀はそういう過渡期なのかもしれません。

今後、「王室から離脱した元王室」となったハリー王子とメーガン妃がどう生きていくのか、本当に経済的にやっていけるか、社会においてどのようなポジションにつくのか――それは手探りの実験段階にあるのだと思います。

関連記事

著者プロフィール

皇室の背後の闇勢力―タブーになっている理由まとめ

トップに戻る